社会

老齢年金と被保険者

投稿日:

そもそも年金とは何なのでしょうか?

今、多くの人が聞く年金の問題として
自分が働いても将来貰えるわけではない
支払う金額がどんどん上がっていく、貰える金額はどんどん
下がっていくという話があると思います。

働き盛りの人々の老後を心配させる問題として
年金問題は大きくなっています。

特に、老齢厚生年金を受給する方達の不安は、大きいのでは
ないかと思われます。

今改めて年金について知り、しっかりと理解することが
大切なのです。

◆老齢年金について

老齢年金とは老後にもらえる年金のことを指します。
今の自分が置かれている環境・自分が就いている
仕事の働き方で、受給する年金の種類が変わってくるのです。

老齢年金のその対象(被保険者)を3つに分類しています。
「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」
となり以下のような違いがあります。

・第1号被保険者
対象:20歳以上60歳未満の自営業者、農林漁業者、学生。
手続き:市町村役場に届け出を提出。
支払い方法:年金保険料は各自で支払います。

・第2号被保険者
対象:民間の企業に勤める会社員や公務員。
手続き:勤め先で行ないます。
支払い方法:自分でどこかに行き、直接払うことはしません。
毎月の給与から老齢年金の保険料が天引きされています。

・第3号被保険者
対象:第2号被保険者に扶養されている20歳から60歳の配偶者で、年収130万円未満の人。
手続き:配偶者の勤め先を通じて行なわれます。
支払い方法:年金保険料は配偶者が代わりに負担するため、特に個人的には支払いません。
もし、配偶者がパートやアルバイトで年収130万円を越えると第1号保険者となり、
配偶者とは別に国民年金に加入しなくてはいけません。

この3つの共通部分は「国民年金」となります。
日本の老齢年金の仕組みは、
2階建てとなっていまして、どのタイプでも国民年金には
加入し、ベースとなり、2階部分としてそれぞれの被保険者タイプや
老後の余裕を狙ったプラスという分になります。

一番多いので、第2号被保険者で会社員が該当し
総称して「老齢厚生年金」と呼ばれています。

2012年11月1日投稿・再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

クリぼっちでもいい?でも誰かといた方がいいですよね。

若い男性のうち3割がクリぼっちだと いうこと。 仕事やバイトもいつも通りに 行っているそうです。 別に絶対に誰かと一緒にいなければ いけないなんてルールは 全くありませんけど、これはこれで なんだか寂 …

no image

寄付の発表は売名行為と非難されるべきか?

ソフトバンクの孫正義がアメリカのハリケーン「サンディ」への 被害に対して50万ドル寄付したということをtwitterで発表し、 それに対して「寄付まで商利用するな!」と 批判されたということがありまし …

no image

盲導犬の育成と理解

今報道ステーションで盲導犬についての特集を見ています。 ・法律で決められているにも関わらず盲導犬を拒んでしまうと  いうお店がある ・盲導犬は全国で1000頭あまりしかいない ・訓練を受けて盲導犬にな …

no image

身元保証人の責任範囲

「借金の連帯保証人には絶対になるな」という言葉がすでに 常識となっているため、連帯保証人をお願いする人も受ける人も ほとんどいなくなっています。 ただ、身元保証人になる人はまだいるようです。 身元保証 …

no image

新聞は軽減税率の対象となるか

消費税増税が現実味を帯びる中、日本新聞協会が新聞・書籍・雑誌には 軽減税率を適用すべきとの声明を発表した、という記事がありました。 軽減税率を適用すべきとの根拠として、知識への課税強化は国の力を 衰退 …

アーカイブ