社会

老齢年金と被保険者

投稿日:

そもそも年金とは何なのでしょうか?

今、多くの人が聞く年金の問題として
自分が働いても将来貰えるわけではない
支払う金額がどんどん上がっていく、貰える金額はどんどん
下がっていくという話があると思います。

働き盛りの人々の老後を心配させる問題として
年金問題は大きくなっています。

特に、老齢厚生年金を受給する方達の不安は、大きいのでは
ないかと思われます。

今改めて年金について知り、しっかりと理解することが
大切なのです。

◆老齢年金について

老齢年金とは老後にもらえる年金のことを指します。
今の自分が置かれている環境・自分が就いている
仕事の働き方で、受給する年金の種類が変わってくるのです。

老齢年金のその対象(被保険者)を3つに分類しています。
「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」
となり以下のような違いがあります。

・第1号被保険者
対象:20歳以上60歳未満の自営業者、農林漁業者、学生。
手続き:市町村役場に届け出を提出。
支払い方法:年金保険料は各自で支払います。

・第2号被保険者
対象:民間の企業に勤める会社員や公務員。
手続き:勤め先で行ないます。
支払い方法:自分でどこかに行き、直接払うことはしません。
毎月の給与から老齢年金の保険料が天引きされています。

・第3号被保険者
対象:第2号被保険者に扶養されている20歳から60歳の配偶者で、年収130万円未満の人。
手続き:配偶者の勤め先を通じて行なわれます。
支払い方法:年金保険料は配偶者が代わりに負担するため、特に個人的には支払いません。
もし、配偶者がパートやアルバイトで年収130万円を越えると第1号保険者となり、
配偶者とは別に国民年金に加入しなくてはいけません。

この3つの共通部分は「国民年金」となります。
日本の老齢年金の仕組みは、
2階建てとなっていまして、どのタイプでも国民年金には
加入し、ベースとなり、2階部分としてそれぞれの被保険者タイプや
老後の余裕を狙ったプラスという分になります。

一番多いので、第2号被保険者で会社員が該当し
総称して「老齢厚生年金」と呼ばれています。

2012年11月1日投稿・再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

将来の介護はロボットにお任せ

有料老人ホームを運営する会社の調査で、40代以上の男女に 調査したところ8割の人が自分の介護をロボットにやってもらうことに 抵抗がないという回答をしたそうです。 調査結果の中にはロボットによる介護を肯 …

no image

親から住宅資金を借りる場合

住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を 受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、 住宅の購入資金以上のお金が必要になります。 もし、ちゃんと返すつもりでいるのな …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

no image

無料保険相談とFP

最近よく総合保険代理店の『ファイナンシャルプランナーが無料で 保険の相談を受けます』というWEB広告を見かけます。 ファイナンシャルプランナー(FP)とは「ファイナンシャル(会計上、金銭上)」の 「プ …

no image

衆議院選挙の比例代表制の当選者の決まり方

年末に衆議院選挙がありましたが、多くの人によく 理解されていないのが、比例代表制の当選者の決まり方です。 日本の衆議院選挙には2つの大きな特徴があり、1つ目は、 小選挙区制と比例代表制に分かれていて、 …

アーカイブ