社会

老齢厚生年金の保険料

投稿日:

老齢厚生年金の保険料はいくらくらいの支払いになるのでしょうか。

老齢厚生年金の保険料は、毎月の自分の給与と賞与それぞれに、
定められた共通の保険料率をかけて算出するものになります。

毎月の給与は、一定の幅で区分した「報酬月額」から算出した
「標準報酬月額」というものを、保険料や年金の計算に用います。

現在の標準報酬月額は、1等級から30等級まで分かれています。
1等級は98,000円、30等級は62万円です。

報酬月額とは、通勤手当や住宅手当等の諸手当に加え、事業所である
勤務する企業からの現金や現物支給を含めて決定されたもので、
その年の4月から6月分までを基に、標準報酬月額を算出します。

つまり、企業からもらっているすべての金銭が報酬月額、
それを一定期間にならしたものが標準報酬月額といえます。

標準報酬額の主な決定方法は「定時決定」です。
これは、毎年7月1日現在で使用される事業所において、同日前3ヶ月(4月から6月)に
受けた報酬の総額を、3で割って出た報酬月額から標準報酬月額を決定し、
9月から翌年8月までの各月の標準報酬とする方法です。

賞与は標準賞与額とされ、実際の額面の賞与額から千円未満の端数を切り捨てたものになります。
限度は150万円で、支給1回につき、です。150万円を越えるときは、150万円とされます。
同じ月に二2回以上もらう場合は、合算されます。
標準賞与額の対象となる賞与は、年3回以下の支給がなされるもので、現物で
支給されるものも含まれます。
この場合、賞与の名称は問われません。
年3回以下の回数で支給するものが該当しますので、それが企業によって賃金や給料、
俸給と呼ばれていても3回以下の支給、つまり季節の節目にもらうようなものであれば、
標準賞与額の対象になるのです。

もしも4回以上支給されるものであれば、それは標準報酬額の対象になります。

上記のようなややわかりにくい計算方法によって計算・算出されているものになります。
一般従業員が考えるという内容ではないかもしれませんが、会社によってはある程度
支払い額を調整することによって、同じ総額であっても、支払い額が変わるということで
調整している例もあるようです。

2012年11月2日再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

利用が進まないプラチナバンド

最近CMなどでもしばしば耳にするようになったスマホなどの 周波数帯のプラチナバンドですが、割り当てられてもすぐには 利用できない理由があるそうです。 プラチナバンドというのは700~900メガヘルツの …

no image

依存心を克服する方法

日本人って何かを習得しようとする際に、すぐに習い事やスクールに通ったり、 高額な通信教育セットの購入をしたりと、何にでも依存心が強い方が多いですよね。 例えば子供の成績を上げるためには、塾に通うか家庭 …

no image

自己破産は債務者の権利

債務整理には4つの種類があります。 任意整理、特定調停、自己破産、個人(民事)再生です。 債務整理は、例えば数万円程度の借金があるだけでは使えません。ここで言う 借金とは、多数の金融機関から高額な借金 …

no image

老齢厚生年金の受給について

将来、本当に老齢年金をもらえるのかという不安がある年金ですが、 私達は一体いつからもらえるのでしょうか。 老齢厚生年金は、厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上あり、老齢基礎年金を 受給できる資格期間を満 …

no image

ネット依存をプラスに利用できないのか?

ネット依存問題が昨今は大きく取り扱われてきています。 PCでも十分に起こり得た話ではありますが、最近の スマホ化の普及によって、オンラインゲームも進み、 高額アイテムを次々購入する等のある意味被害とも …

アーカイブ