社会

老齢厚生年金の保険料

投稿日:

老齢厚生年金の保険料はいくらくらいの支払いになるのでしょうか。

老齢厚生年金の保険料は、毎月の自分の給与と賞与それぞれに、
定められた共通の保険料率をかけて算出するものになります。

毎月の給与は、一定の幅で区分した「報酬月額」から算出した
「標準報酬月額」というものを、保険料や年金の計算に用います。

現在の標準報酬月額は、1等級から30等級まで分かれています。
1等級は98,000円、30等級は62万円です。

報酬月額とは、通勤手当や住宅手当等の諸手当に加え、事業所である
勤務する企業からの現金や現物支給を含めて決定されたもので、
その年の4月から6月分までを基に、標準報酬月額を算出します。

つまり、企業からもらっているすべての金銭が報酬月額、
それを一定期間にならしたものが標準報酬月額といえます。

標準報酬額の主な決定方法は「定時決定」です。
これは、毎年7月1日現在で使用される事業所において、同日前3ヶ月(4月から6月)に
受けた報酬の総額を、3で割って出た報酬月額から標準報酬月額を決定し、
9月から翌年8月までの各月の標準報酬とする方法です。

賞与は標準賞与額とされ、実際の額面の賞与額から千円未満の端数を切り捨てたものになります。
限度は150万円で、支給1回につき、です。150万円を越えるときは、150万円とされます。
同じ月に二2回以上もらう場合は、合算されます。
標準賞与額の対象となる賞与は、年3回以下の支給がなされるもので、現物で
支給されるものも含まれます。
この場合、賞与の名称は問われません。
年3回以下の回数で支給するものが該当しますので、それが企業によって賃金や給料、
俸給と呼ばれていても3回以下の支給、つまり季節の節目にもらうようなものであれば、
標準賞与額の対象になるのです。

もしも4回以上支給されるものであれば、それは標準報酬額の対象になります。

上記のようなややわかりにくい計算方法によって計算・算出されているものになります。
一般従業員が考えるという内容ではないかもしれませんが、会社によってはある程度
支払い額を調整することによって、同じ総額であっても、支払い額が変わるということで
調整している例もあるようです。

2012年11月2日再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

タブレットを教育に使用

本日のワールドビジネスサテライトでは タブレットを使った教育を使うという内容の特集が されていました。 情報系の学校の場合、1人1題iPad購入が義務付けられて いるところもあるとか。 これは凄く効果 …

no image

予防医療による医療費削減で国を元気に

昨今、我が国の医療費は少子高齢化によって膨れ上がる一途を辿っており、 公的機関でも社会福祉制作の在り方について連日議論される、 大きな問題のひとつとなっています。 ご存じ日本の長寿率は先進国のトップク …

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

丸いシェルター

今日のワールドビジネスサテライトの トレンドたまごの特集では丸いシェルターに ついて特集していました。 個人用として使えて、水にも浮いて 防水耐性、衝撃体制のようです。 凄い・・・けど、一体これを購入 …

no image

ゴミの最終処分場に関する問題

近年おけるゴミ問題には、ゴミ費用の増大、削減しにくい現状、 そして不法投棄などがあり、ゴミの処分において深刻な問題を抱えています。 この為、ゴミの処分に対し必要とされるのがゴミの最終処分所だと思います …

アーカイブ