社会

老齢厚生年金の保険料

投稿日:

老齢厚生年金の保険料はいくらくらいの支払いになるのでしょうか。

老齢厚生年金の保険料は、毎月の自分の給与と賞与それぞれに、
定められた共通の保険料率をかけて算出するものになります。

毎月の給与は、一定の幅で区分した「報酬月額」から算出した
「標準報酬月額」というものを、保険料や年金の計算に用います。

現在の標準報酬月額は、1等級から30等級まで分かれています。
1等級は98,000円、30等級は62万円です。

報酬月額とは、通勤手当や住宅手当等の諸手当に加え、事業所である
勤務する企業からの現金や現物支給を含めて決定されたもので、
その年の4月から6月分までを基に、標準報酬月額を算出します。

つまり、企業からもらっているすべての金銭が報酬月額、
それを一定期間にならしたものが標準報酬月額といえます。

標準報酬額の主な決定方法は「定時決定」です。
これは、毎年7月1日現在で使用される事業所において、同日前3ヶ月(4月から6月)に
受けた報酬の総額を、3で割って出た報酬月額から標準報酬月額を決定し、
9月から翌年8月までの各月の標準報酬とする方法です。

賞与は標準賞与額とされ、実際の額面の賞与額から千円未満の端数を切り捨てたものになります。
限度は150万円で、支給1回につき、です。150万円を越えるときは、150万円とされます。
同じ月に二2回以上もらう場合は、合算されます。
標準賞与額の対象となる賞与は、年3回以下の支給がなされるもので、現物で
支給されるものも含まれます。
この場合、賞与の名称は問われません。
年3回以下の回数で支給するものが該当しますので、それが企業によって賃金や給料、
俸給と呼ばれていても3回以下の支給、つまり季節の節目にもらうようなものであれば、
標準賞与額の対象になるのです。

もしも4回以上支給されるものであれば、それは標準報酬額の対象になります。

上記のようなややわかりにくい計算方法によって計算・算出されているものになります。
一般従業員が考えるという内容ではないかもしれませんが、会社によってはある程度
支払い額を調整することによって、同じ総額であっても、支払い額が変わるということで
調整している例もあるようです。

2012年11月2日再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

衆院選を前に改めて選挙制度を考察する

いよいよ衆議院議員選挙が近いですが、日本は二大政党に向いているのか 否かというのが一つのテーマとなっています。 ただ、現与党は失策続きで低空飛行が続き、その対抗勢力たる最大野党も 結局先祖帰りするだけ …

ADはゴキブリ以下というテレビ業界 法的問題はないの?

ADはゴキブリ以下とテレビ業界では 言われているという内容がニュースで 出ていました。 残業が月170時間で まともに休憩時間も取れないということ。 内容を見ると相変わらずのパワハラに ひどい女性差別 …

no image

金融機関のクラウド利用

金融機関、つまり銀行や証券会社、保険会社は、膨大な量のデータを 扱っています。 これは顧客に関する情報もあれば、取引に関する情報、相場に 関する情報等、さまざまなものが含まれます。 そして、これらの情 …

no image

将来の介護はロボットにお任せ

有料老人ホームを運営する会社の調査で、40代以上の男女に 調査したところ8割の人が自分の介護をロボットにやってもらうことに 抵抗がないという回答をしたそうです。 調査結果の中にはロボットによる介護を肯 …

no image

寄付の発表は売名行為と非難されるべきか?

ソフトバンクの孫正義がアメリカのハリケーン「サンディ」への 被害に対して50万ドル寄付したということをtwitterで発表し、 それに対して「寄付まで商利用するな!」と 批判されたということがありまし …

アーカイブ