社会

老齢厚生年金の保険料

投稿日:

老齢厚生年金の保険料はいくらくらいの支払いになるのでしょうか。

老齢厚生年金の保険料は、毎月の自分の給与と賞与それぞれに、
定められた共通の保険料率をかけて算出するものになります。

毎月の給与は、一定の幅で区分した「報酬月額」から算出した
「標準報酬月額」というものを、保険料や年金の計算に用います。

現在の標準報酬月額は、1等級から30等級まで分かれています。
1等級は98,000円、30等級は62万円です。

報酬月額とは、通勤手当や住宅手当等の諸手当に加え、事業所である
勤務する企業からの現金や現物支給を含めて決定されたもので、
その年の4月から6月分までを基に、標準報酬月額を算出します。

つまり、企業からもらっているすべての金銭が報酬月額、
それを一定期間にならしたものが標準報酬月額といえます。

標準報酬額の主な決定方法は「定時決定」です。
これは、毎年7月1日現在で使用される事業所において、同日前3ヶ月(4月から6月)に
受けた報酬の総額を、3で割って出た報酬月額から標準報酬月額を決定し、
9月から翌年8月までの各月の標準報酬とする方法です。

賞与は標準賞与額とされ、実際の額面の賞与額から千円未満の端数を切り捨てたものになります。
限度は150万円で、支給1回につき、です。150万円を越えるときは、150万円とされます。
同じ月に二2回以上もらう場合は、合算されます。
標準賞与額の対象となる賞与は、年3回以下の支給がなされるもので、現物で
支給されるものも含まれます。
この場合、賞与の名称は問われません。
年3回以下の回数で支給するものが該当しますので、それが企業によって賃金や給料、
俸給と呼ばれていても3回以下の支給、つまり季節の節目にもらうようなものであれば、
標準賞与額の対象になるのです。

もしも4回以上支給されるものであれば、それは標準報酬額の対象になります。

上記のようなややわかりにくい計算方法によって計算・算出されているものになります。
一般従業員が考えるという内容ではないかもしれませんが、会社によってはある程度
支払い額を調整することによって、同じ総額であっても、支払い額が変わるということで
調整している例もあるようです。

2012年11月2日再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

承認欲求が強い人の悩みを解消する方法とは?

承認欲求が強すぎると問題になると いうことが言われています。 この承認欲求が強いとはどういうこと なのでしょうか? これは他人に認められたい気持ちと いうもので誰もが持っている欲求になります。 今の日 …

no image

高学歴ワーキングプア問題 もっと就職を考慮するべきでは?

高学歴ワーキングプア問題は昔からありましたが 最近その状況がさらに加速しているようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高学歴プア 東大院卒就職率56%、京大院卒はゴミ収集バイト …

no image

山間部での除雪方法

私は豪雪地帯である新潟県の山間部に住んでいます。 県外の方と話す機会によく話題に登るのが、豪雪地帯の 雪の話ですが、よく相手からこう言われることがあります。 「雪のあまり降らない地域に住んでいると、雪 …

国民年金を払っていないと差し押さえになる

国民年金を支払い拒否したらどうなるのかと いうようなニュースが出ていました。 どうなるも何もというところですが、 国民年金は支払い義務があるものに なりますので、ばれると差し押さえに なってしまいます …

no image

体験者の声も疑いを持つこと

最近、動画セミナーを見る機会が増えてきました。 以前はインターネット上で成立する商売の場合、縦長の ランディングページ、キラーページと呼ばれるような サイトで表現して完了というパターンの売り込みが 多 …

アーカイブ