社会

老齢厚生年金保険料の具体的計算

投稿日:

老齢厚生年金の保険料は、標準報酬月額×保険料で算出されますが、
実際どれくらいの保険料になるのでしょうか。
計算方法を説明します。

厚生年金保険の保険料率は、平成23年9月分から、
0.354%に引き上げられました。

厚生年金保険料は、2004年9月までは年収の13.58%でした。
しかし、2004年10月から毎年0.354%ずつ引き上げられ、
2017年度には年収の18.30%まで引き上げられることになっています。
13年間で、4.72%引き上げられるのです。

たとえば、ボーナスを含めた平均年収が450万円の場合だと、
2017年度の保険料は年額41万1,750円になります。
2004年度の保険料負担よりも約10万5,000円増額になってしまうのです。

現在の厚生年金保険料は、標準報酬月額を1から30等級まで
分けられており、それに従って決まっています。

1等級は9,800円で、1等級ずつあがると約8,000円から3万円ずつあがっていき、
30等級では62万円になります。

もし仮に、標準報酬月額が13等級の20万円の一般被保険者の場合、
被保険者の保険料は16,412.00円になります。
これが老齢厚生年金の保険料になるのです。

だんだんと負担が上がっていくという構造になっているので
不満等はあるかもしれませんが、今の財政・運用上受け入れるしかないものと
なっているのです。

2012年11月2日 再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

依存心を克服する方法

日本人って何かを習得しようとする際に、すぐに習い事やスクールに通ったり、 高額な通信教育セットの購入をしたりと、何にでも依存心が強い方が多いですよね。 例えば子供の成績を上げるためには、塾に通うか家庭 …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

no image

ガソリンスタンド廃業でガソリン難民増加

全国のガソリンスタンドで、2013年の2月にかけて 廃業するところが一気に増加するのでは、という記事がありました。 全国的にマイカーの需要低迷によるガソリンの需要低下のため、 廃業するガソリンスタンド …

no image

経済学から見る環境問題解決の難しさ

経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。 しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、 無視できない状態へとなっています。 特に日本においては、リサイクル技術 …

no image

消費税と所得税について

野田内閣の時に消費税の税率アップが決まりましたが、 安倍内閣になったら、今度は震災復興を進めるためとして、所得税の税率アップが決まりました。 ちなみに、税金の分類からすると、所得税は「直接税」で、 消 …

アーカイブ