社会

社長になりませんか?は怪しい

投稿日:

社長になりませんか?とうたっている
求人募集広告や掲示板、SNS経由でのメッセージ等で
見たことはありませんか?

自分も社長になれる!ということで
興味津津という人も多かったりするのではないでしょうか?

決して他人の話ではなくて自分もそうでした。
今の会社、今の仕事内容に満足いかない状態で
会社員という立場だと不条理な出来事も多いですし、
チャンスがあるならば、それに乗りたい、と思っていても
全く不思議ではないと思っています。

そんなときによくこの「社長になりませんか?」というような
メッセージを見たんです。
それで半信半疑に話を聞きにいったことがあります。

そうしたら私の人生が大きく変わっていったのです!!

 

 

・・・なんて書いてある文章があったらまず疑って
かかった方がいいでしょう。

 

実際、私が行ったその先で出てきた話は予想通りだと
思いますが、マルチ(MLM)の勧誘というものでした。

例の金持ち父さんのごとく、ビジネスオーナー、投資家、
自営業者、従業員という4つのジャンルが出てきて、
ビジネスオーナーを目指しませんか=社長という話。

相手を勧誘して○○という商品を売れば自分にもマージンが
入る。勧誘した相手がさらに他の人を勧誘して売れば
その分も自分に入る。
商品のあるねずみ講というわけです。

法律がどうこうではなく、本当にこの人達は
ビジネスオーナーでしょうか?

その答え、実態としてはただの自営業者です。
自分で必死に勧誘してあくせく働いているだけ、
そして市場規模の見極めもできず、上から言われた
商品を売っているだけなのです。

社長になりませんか?という内容はこの程度の
話でしかありません。

冷静に考えて、何故見ず知らずの人に良い話を
持ちかける必要があるのか?を考えてみてください。

以上、過去の体験話でした。

2012年11月5日投稿 再掲載

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

no image

原発は本当に廃止すべきなのか

次の衆議院選挙の一つの争点として 各党が原発の推進/廃止をあげています。 各党の主張が多岐に渡りすぎているのと、 実際の各区画を見ると、必ずしも全政党が出馬している わけではなくもうどこがどんな公約を …

no image

親から住宅資金を借りる場合

住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を 受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、 住宅の購入資金以上のお金が必要になります。 もし、ちゃんと返すつもりでいるのな …

no image

65歳の定年制と40歳の定年制はどちらが良いのか?

先ほどワールドビジネスサテライトで 65歳の定年制と40歳の定年制は どちらが良いのか?なんて質問が出ていました。 実に良い質問だと思います。 65歳定年制、もっと働ける世の中を、という動きに 疑問を …

no image

スポーツの指導方法について

最近は学校での部活動における体罰が非常にピックアップされる 出来事が多くなっています。 わたしも中学、高校、大学とずっと 体育会系の部活動に所属してそこで青春を謳歌してきたものと して個人的な意見があ …

アーカイブ