社会

100円ショップで買って失敗したもの

投稿日:

100円ショップは今や流行っているという時期を
通り越して完全普及、成熟期に入ったといえると
思います。

消費者も最初は100円で買うことができるという
新鮮さでなんでも飛びついていましたが、最近は
賢くなってきているといえます。

日経トレンディの記事でも100円で買って
失敗したものとして
1位 食品
2位 ボールペン
3位 ガムテープ・粘着テープ
4位 乾電池
5位 女性用ストッキング

と厳しい判断が出ているものがあります。

100円で買えるなんて素晴らしいことだったのに
いつの間にかデフレが起こり全体の物価が下がり、
100円より安い食品が出てきてしまった、
スーパーどころコンビニでも100円商品を出し
質の勝負で100円ショップが劣るように
なってしまったというところでしょうか。

100円なんだからそこまで質が良いわけは
ないでしょう、と思っていたりもするのですが
それでも、見比べる目は厳しくなってきているわけです。

個人的は食品も助かってるし、ボールペンも買ったし
ガムテープも電池も買ったなぁ・・と全部買って
いたりして不自由しませんでしたが。

100円ショップは100円なだけにその質等には
限界があると思います。また物価変動にも弱いです。
100円の商品を110円に値上げすることは不可能です。

そろそろ成熟、限界値が見えそうな業界ですが、
今後どこに向かうのかが気になるところです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

予防医療による医療費削減で国を元気に

昨今、我が国の医療費は少子高齢化によって膨れ上がる一途を辿っており、 公的機関でも社会福祉制作の在り方について連日議論される、 大きな問題のひとつとなっています。 ご存じ日本の長寿率は先進国のトップク …

no image

首都高などの修繕で1兆円

首都高速道路会社が首都高の大規模更新や修繕を行った場合の 費用を見積もったところ、約1兆2300億円にものぼるという試算が出されました。 首都高は以前から老朽化が指摘されており、大規模な改修が必要な …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

「なめんなジャンパー」生活保護受給者の実態は?報道は正しいのか?

「なめんなジャンパー」を着たくもなるような 現場があるということでニュース記事が 上がっていました。 実際の受給者のところに行くと 元暴力団員が麻雀をしていたりするような 現場があるということです。 …

no image

地震の避難方法は具体的状況を想定して考えるべき

地震に遭遇したときにまず取るべき行動は我が身の安全確保です。 そして、そのための一般的な避難方法は以下のようなものです。 ①まず、タンスや食器棚などの重くて危険な物から身(特に頭部)を 守るために堅い …

アーカイブ