雑記

金子みすゞの詩について

投稿日:

劇団えるむの、「みすゞ凛ゝ」というお芝居を観ました。
金子みすゞの半生を、彼女の詩を紹介しながら綴っていくお話です。

東日本大震災の直後、一般的なテレビCMが自粛されACのコマーシャルばかりが
流れていた時期がありました。その中で使用されていたこともあり、
またその優しさに人々が癒されたこともあり、金子みすゞが再び注目されました。

このお芝居は今回再演で、初演の頃が第一次の金子みすゞブームだったようです。
矢崎節夫という人がみすゞの詩のすばらしさを発見し世の中に発表したのが
きっかけだったということで、お芝居の語り手として矢崎氏が登場します。

みすゞは明治に生まれて大正を過ごし昭和の初期に亡くなりました。
とても利発で、文学的な才能は早くから周りの知るところだったようです。
雑誌の投稿などでも何度も入賞し、かの西條八十にも認められていたのです。
童謡作家として、成功する一歩手前まできていました。

「みんなちがって、みんないい」。今の時代でも、この言葉を聞いて改めて、
それぞれの個性が大事ということを思います。大正時代の女性が、
こんな風に優しく語っていたことに感動します。

人間以外の、動物やものへの深い思いやり。
本当に清らかな心の持ち主だったのでしょう。

しかし、複雑な家庭環境、不幸な結婚、病気などが重なり、
愛する娘とも引き裂かれ、ついに絶望して自殺してしまいます。
そのまま何十年も、みすゞの珠玉の詩は埋もれたままになっていました。

矢崎氏の熱意により発掘された美しい作品は今、時を超えて、
私たちをなぐさめ、励ましてくれます。
これからも何度でも復活して、その時代の人々に語りかけ続けるのだと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

スマートホンになって良かったこと、悪かったこと

携帯が従来のものからスマートホンになって良かったこと、 悪かったことがいろいろとあると思います。 私の場合、良かったことはインターネットに直接接続できるようになったと いうことです。従来の携帯電話から …

no image

次世代DVDとかブルーレイとかもう媒体は厳しいのでは?

ブルーレイディスクについて及少しずつレンタル屋さんでも 置くようになり普及は進んでいるかに見えますが、 だんだんとDVDとかブルーレイとか、もうディスク系は 厳しいのでは?と思うようになってきました。 …

no image

「私の青空」日本オリジナルは「流行歌の鼻祖」二村定一

現在オンエア中のフジカラーのCМで、スタンダードナンバー 「私の青空」が使われています。 歌詞を変えていますが、オリジナルの日本版は 「夕暮れに仰ぎ見る、輝く青空。~狭いながらも楽しい我が家」と いう …

no image

福袋の醍醐味とは

福袋は買う人と買わない人に別れると思いますが、 私は試しに買ってみるほうです。 それが自分が好きなブランドの福袋でしたら、頑張って買ってしまいます。 福袋は毎年買っていますが、福袋の醍醐味とは何だろう …

九十八で「にたらず」さんと読むか?

今週号の少年マガジン新連載の CHARON(カロン)では主人公の苗字が 九十八で「にたらず」と読ませるというものでした。 そんな苗字があるんだ! 九十九でつくもであればよくありますが にたらずさんとい …

アーカイブ