雑記

金子みすゞの詩について

投稿日:

劇団えるむの、「みすゞ凛ゝ」というお芝居を観ました。
金子みすゞの半生を、彼女の詩を紹介しながら綴っていくお話です。

東日本大震災の直後、一般的なテレビCMが自粛されACのコマーシャルばかりが
流れていた時期がありました。その中で使用されていたこともあり、
またその優しさに人々が癒されたこともあり、金子みすゞが再び注目されました。

このお芝居は今回再演で、初演の頃が第一次の金子みすゞブームだったようです。
矢崎節夫という人がみすゞの詩のすばらしさを発見し世の中に発表したのが
きっかけだったということで、お芝居の語り手として矢崎氏が登場します。

みすゞは明治に生まれて大正を過ごし昭和の初期に亡くなりました。
とても利発で、文学的な才能は早くから周りの知るところだったようです。
雑誌の投稿などでも何度も入賞し、かの西條八十にも認められていたのです。
童謡作家として、成功する一歩手前まできていました。

「みんなちがって、みんないい」。今の時代でも、この言葉を聞いて改めて、
それぞれの個性が大事ということを思います。大正時代の女性が、
こんな風に優しく語っていたことに感動します。

人間以外の、動物やものへの深い思いやり。
本当に清らかな心の持ち主だったのでしょう。

しかし、複雑な家庭環境、不幸な結婚、病気などが重なり、
愛する娘とも引き裂かれ、ついに絶望して自殺してしまいます。
そのまま何十年も、みすゞの珠玉の詩は埋もれたままになっていました。

矢崎氏の熱意により発掘された美しい作品は今、時を超えて、
私たちをなぐさめ、励ましてくれます。
これからも何度でも復活して、その時代の人々に語りかけ続けるのだと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

疲れている時に気をつけたい事

疲れている時というのは、一番人間関係のトラブルが起きやすい時だと思います。 イライラするのは自分に余裕がない時です。 そして相手にも余裕がなければ、雰囲気が悪くなるのは当然です。 職場や家庭等、特に同 …

九十八で「にたらず」さんと読むか?

今週号の少年マガジン新連載の CHARON(カロン)では主人公の苗字が 九十八で「にたらず」と読ませるというものでした。 そんな苗字があるんだ! 九十九でつくもであればよくありますが にたらずさんとい …

no image

記憶術って本当に効果あるの?

ふと今週の少年マガジンの裏表紙の裏の広告部分を 見ると記憶術の広告がありました。 これって今でもあるんですね。 記憶している限り20年以上前からあって、雑誌の広告に ずっと載っているような。 本当に効 …

no image

絵画にツッコミしてみませんか

絵画というものにどんな印象があるでしょうか。 美術館に収蔵される高級品、家に飾るインテリアと いったようなものだと考える方が多いでしょう。 美術館も日常的に行く場所ではありませんし、 家にある絵画とい …

no image

様変わりしている納骨堂

最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが 多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、 室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に …

アーカイブ