社会

盲導犬の育成と理解

投稿日:

今報道ステーションで盲導犬についての特集を見ています。
・法律で決められているにも関わらず盲導犬を拒んでしまうと
 いうお店がある

・盲導犬は全国で1000頭あまりしかいない

・訓練を受けて盲導犬になることができるのは3頭に1頭だけ

・1頭育成するのにかかるのにかかる費用は500万円程度

財政が厳しいという現実。
年間140頭しか育成できない現実。

希望者は3000人以上で必要な人に行きわたらない。

本当に厳しいということを知りました。
このような報道があることは素晴らしく、またその存在を
知らしめるのに適していると思います。

やはりこうやって報道がないと、
理解してもらえないです。

テレビで報道しないと一般の人が知る機会もなく、
専門誌等ではもともと興味がある人しか見てくれないでしょう。

こうやって報道をして少しずつ理解を深めていくことが
必要だと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

自己破産は債務者の権利

債務整理には4つの種類があります。 任意整理、特定調停、自己破産、個人(民事)再生です。 債務整理は、例えば数万円程度の借金があるだけでは使えません。ここで言う 借金とは、多数の金融機関から高額な借金 …

no image

消費税と所得税について

野田内閣の時に消費税の税率アップが決まりましたが、 安倍内閣になったら、今度は震災復興を進めるためとして、所得税の税率アップが決まりました。 ちなみに、税金の分類からすると、所得税は「直接税」で、 消 …

no image

経営者保証で全財産を失わなくても済むようになる?

中小企業を経営していてお金を借りる場合に ついてくるのが「経営者保証」。これは会社に何か あった場合に社長自らが保証するというもので 会社が倒産した場合、社長が身ぐるみはがされて しまうという恐ろしい …

no image

ワーキングプアと生活保護

ワーキングプアという言葉もよく知られるようになったと思います。 いくら働いても生活保護以下の生活しかできないような 人々のことを言います。実際に最低賃金法で決められている 最低賃金で週五日、8時間働い …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

アーカイブ