健康

脂肪はなくてもいいのか?

投稿日:

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。
そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって
なくてはならない存在でもあります。

からだの脂肪組織は
1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割
2.からだの中でいわゆる宙づり状態になって存在する
 各種臓器を、外部の衝撃から守るクッション材としての役割
3.生きていくうえで必要なエネルギー減としての役割
以上のものを果たしているといえるのです。

エネルギーとして見た場合、糖質やたんぱく質は1gあたり4キロ
カロリーのエネルギーになります。しかし脂肪は同じ1gあたりで9キロ
カロリーのエネルギーであり、優れたエネルギー源といえます。

1キロカロリーは0度の水1ccを1000度にまで上昇させる
エネルギーです。
わずか1キロカロリーの違いだけでも、エネルギーとして見ると
大きな違いがあるのです。

脂肪1kgを減らすためには、中性脂肪の場合、0度の水1ccを
9000度にまで上昇させるだけのエネルギーを燃焼させなければ
いけないのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

中性脂肪値を下げるための食事

私たちは普段無意識のうちに好きなものばかり 食べていることが多く、食べる量もその時の お腹のすき具合によって多くなったりもしがちです。 ですがこのような食生活を続けてしまっていると どんどん栄養バラン …

no image

ストレスは中性脂肪を増やす

今、ストレスが全く皆無です、なんてことを言える人は ほとんどいないというくらい現代はストレス社会になっています。 ストレスも一時的なものであれば、それほど問題には ならないと思いますが、それがずっと続 …

no image

夜寝る前の部屋と体(喉)の乾燥対策

部屋の乾燥対策は、エコを考えると 暖房にエアコンを使ったり 加湿器を使うことは、あまり考えたくないのです。 布団をまず、布団乾燥機で温めておきます。 ない人は、掛け布団をめくっておくことが大切です。 …

no image

1歳の乾燥肌対策

私自身は肌の乾燥に関してのトラブルや悩みはなく、 比較的どんな化粧品やクリームを使っても大丈夫な方です。 一方主人は元々乾燥肌であり、また趣味で日焼けを 繰り返ししている事から更に乾燥に拍車をかけた状 …

no image

ダイエットの秘訣は「急がば回れ」

痩せて綺麗になりたい…多くの女性は、そんな事を 願ってやまないものだと思います。 かく言う私も思春期はそうでした。 毎日のように体重計に乗っては溜息を吐き、 ダイエット情報を貪るように読んでいました。 …

アーカイブ