健康

脂肪はなくてもいいのか?

投稿日:

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。
そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって
なくてはならない存在でもあります。

からだの脂肪組織は
1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割
2.からだの中でいわゆる宙づり状態になって存在する
 各種臓器を、外部の衝撃から守るクッション材としての役割
3.生きていくうえで必要なエネルギー減としての役割
以上のものを果たしているといえるのです。

エネルギーとして見た場合、糖質やたんぱく質は1gあたり4キロ
カロリーのエネルギーになります。しかし脂肪は同じ1gあたりで9キロ
カロリーのエネルギーであり、優れたエネルギー源といえます。

1キロカロリーは0度の水1ccを1000度にまで上昇させる
エネルギーです。
わずか1キロカロリーの違いだけでも、エネルギーとして見ると
大きな違いがあるのです。

脂肪1kgを減らすためには、中性脂肪の場合、0度の水1ccを
9000度にまで上昇させるだけのエネルギーを燃焼させなければ
いけないのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

歯の汚れを取る方法

歯についた汚れが、コンプレックスと言う人は少なくはありません。 歯医者に通ってホワイトニングの施術を受けてみる方法もありますが、 どれぐらいの予算が必要であるのかを考えると、決断することが 出来ないと …

no image

ダイエットを成功に導く食事のポイント

ダイエットを成功させるために食事としては以下のことを 意識すれば効果的です。 ・脂肪の多い食材は調理法で脂を落とす  フライパンで炒めるよりも煮ることによって脂肪分が落ちる料理も多いです。 ・糖質の摂 …

no image

青汁とコレステロール

青汁とコレステロールの関係について説明します。 青汁の商品説明の中にはコレステロールにおすすめとされている 商品も多くあります。 コレステロールというのは無くなって良いものではなく、 人間が生きていく …

no image

内臓ケアで健康生活

私たちは、自分のことなのに体の仕組みのことや 内臓の働きのことをあまり知らずにいます。 内臓の働きをキチンと理解して、内蔵を守るために 気をつけるなら必ず健康な生活を送ることができます。 今回は「胃」 …

no image

乾燥肌対策「手」について

秋から冬にかけては、手の乾燥でお悩みの方も多いかと思います。 毎日の家事などで手がカサカサになったり、しもやけやアカギレで血がにじんできたり、 空気が乾燥する季節は手の乾燥肌対策として、ハンドクリーム …

アーカイブ