健康

脂肪はなくてもいいのか?

投稿日:

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。
そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって
なくてはならない存在でもあります。

からだの脂肪組織は
1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割
2.からだの中でいわゆる宙づり状態になって存在する
 各種臓器を、外部の衝撃から守るクッション材としての役割
3.生きていくうえで必要なエネルギー減としての役割
以上のものを果たしているといえるのです。

エネルギーとして見た場合、糖質やたんぱく質は1gあたり4キロ
カロリーのエネルギーになります。しかし脂肪は同じ1gあたりで9キロ
カロリーのエネルギーであり、優れたエネルギー源といえます。

1キロカロリーは0度の水1ccを1000度にまで上昇させる
エネルギーです。
わずか1キロカロリーの違いだけでも、エネルギーとして見ると
大きな違いがあるのです。

脂肪1kgを減らすためには、中性脂肪の場合、0度の水1ccを
9000度にまで上昇させるだけのエネルギーを燃焼させなければ
いけないのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

血液検査の中の「HbA1c」

現在では、法律によって企業における社員の健康診断の 受診が義務付けられているため、毎年定期的に健康診断を 受ける人が増えてきています。 ただ、検査結果表をちゃんと確認する人は少ないのが実状です。 しか …

no image

頭皮の乾燥ケア

冬場になると、顔や手足だけでなく頭皮も乾燥します。 一定の皮脂量を保てる人はよいのですが、 感想肌と呼ばれる人たちは 頭皮が乾燥して、フケが出やすくなります。 顔や手足の感想でしたら、専用の化粧品やク …

no image

乾燥肌対策とクリーム

毎年寒くなると恒例の悩みがやってきます。 乾燥肌です。 それこそ十代の頃はほとんど気にしていませんでしたが、 二十代になった今となってはクリームが味方のシーズンです。 手にはハンドクリーム。 体にはボ …

no image

音楽で老化防止できる!

音楽といっても聴くほうではなく楽器を演奏する方の話です。 アメリカの研究ですが、59~80歳の音楽家と音楽家ではない人の 70人を集めてテストした結果、知力、視覚空間判断力、言葉の記憶、 言語想起、運 …

no image

夏バテ防止にクエン酸ドリンク!

以前の酷暑のときに、もうばててばててどうにもこうにも、 ということがありました。 その時に友人がどこかから仕入れて教えてくれた情報に 「りんご酢がいいらしいよ」というのと「ペリエが効くらしい」というこ …

アーカイブ