健康

脂肪はなくてもいいのか?

投稿日:

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。
そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって
なくてはならない存在でもあります。

からだの脂肪組織は
1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割
2.からだの中でいわゆる宙づり状態になって存在する
 各種臓器を、外部の衝撃から守るクッション材としての役割
3.生きていくうえで必要なエネルギー減としての役割
以上のものを果たしているといえるのです。

エネルギーとして見た場合、糖質やたんぱく質は1gあたり4キロ
カロリーのエネルギーになります。しかし脂肪は同じ1gあたりで9キロ
カロリーのエネルギーであり、優れたエネルギー源といえます。

1キロカロリーは0度の水1ccを1000度にまで上昇させる
エネルギーです。
わずか1キロカロリーの違いだけでも、エネルギーとして見ると
大きな違いがあるのです。

脂肪1kgを減らすためには、中性脂肪の場合、0度の水1ccを
9000度にまで上昇させるだけのエネルギーを燃焼させなければ
いけないのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

納豆と健康 「ナットウキナーゼ プロアテーゼ リパーゼ」等

昔から日本の食卓には納豆が並んでいるのが定番ですね。 でも、なぜ日本人は納豆をこんなにも摂取してきたのでしょう。 その答えは納豆に秘められた健康パワーにあります! 納豆は発酵食品の代表ともいえる食べ物 …

no image

スイミングで能力開発する方法

現在ではスイミングを習っているお子さんが多いと思いますが、 今回はそんなスイミングで上手に能力開発する方法をレクチャーします。 まず、これはどのスポーツでもそうだと思うのですが、泳ぐ前の 準備運動をす …

no image

育毛剤が効かない原因と改善方法

実際に育毛剤を利用している人のうち どれくらいの人がきちんと髪が増えているのでしょうか。 育毛剤が効かないと感じている人は多いと思いますので、 今回は育毛剤の効かない原因を考えてみましょう。 まずは、 …

no image

日常に支障あり。月経前症候群をご存知ですか?

女性の皆さん、 毎日快適に過ごせていますでしょうか? 時にはコンディションの悪い日もあるでしょう。 でも、大抵の場合、少しの気分転換や休養で 普段の自分に戻れるものです。 しかし、何をしてもどうにもな …

no image

足先の冷えには足浴が効果的

人間の血液は、不安などのストレスを感じた時に脳に集まる 傾向があります。 体の血液量は決まっているので、脳に血液が集まると逆に 血液が不足してしまう部位がでてきます。 その血液が不足してしまう部位の代 …

アーカイブ