健康

熱中症予防のため、厚生労働省は国民に注意喚起を行なっています

投稿日:

今年もまた、例年より早く真夏日や猛暑日が日本中で記録し、
熱中症予防対策の必要性が叫ばれています。

厚生労働省では、5月28日に国民への熱中症予防への理解と
対策を進めるため、注意喚起パンフレットを作成しました。

それによれば、熱中症は、高温多湿な環境下にいると、体内の水分や
塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かなくなって
しまうことがあり、体内に熱が溜まってしまい、吐き気や倦怠感
さらには呼吸困難に陥ります。

特に注意したい点は、必ずしも屋外で発生するのではなく、
室内にいるときも発生します。

また、熱中症発症の半数は、65歳以上のお年寄りで、エアコンを
我慢したり、水分を控えたりするため発症します。

そこで、暑いときは、こまめに水分と塩分を摂ることが
一番大事で、のどがたとえ渇いていなくとも、こまめに摂取することが
大切です。

また、室内温度を上げないように、エアコンをつける、扇風機をつける、
打ち水するなどの対策が必要です。

東日本大震災発生後は、節電の必要性が求められていますが、
特に猛暑日の日は、我慢しないでエアコンや扇風機を使うことが
薦められています。

熱中症にならないようにするには

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

鼻アレルギーにも風邪にも効果的な鼻うがいのススメ

鼻づまりは苦しくて不快なものです。 集中力はそがれるし、寝苦しいし… そんな時には「鼻うがい」が効果的ですよ。 鼻うがいという言葉は、テレビなどで一度は 耳にしたことがあるのではないでしょうか? 「な …

no image

ビールでは通風にならない

ビールで通風はウソというような ニュースが出ていました。 ビールで痛風はウソ 酒類でプリン体多いため犯人扱いされた http://news.livedoor.com/article/detail/77 …

no image

帽子と紫外線の間違った知識を正す

肌の手入れをする際に、最も気をつけなければいけないのは 紫外線の存在です。 紫外線は長時間身体に浴びせてしまいますと肌に本当に 良くありませんし、なにより癌を発症させる可能性も若干ながら 上昇してしま …

no image

脂肪吸引は医師の技術力が影響する

偏った食生活をしていると、体に余分な脂肪が残ってしまうことがあります。 その脂肪がダイエットをしてもなかなか取れない時は「脂肪吸引」で 除去する方法もあります。 脂肪吸引とは余分な脂肪を吸い取る施術の …

ころころ歯ブラシの口コミ評判をチェックしてみました。

ころころ歯ブラシって知ってますか? 歯ブラシも最近では性能の高いものが発売されてきています。 どれでもいいと思えば、安いものはいくらでも手に入りますしドラッグストアで買えば簡単です。 でも、実際に歯を …

アーカイブ