健康

熱中症予防のため、厚生労働省は国民に注意喚起を行なっています

投稿日:

今年もまた、例年より早く真夏日や猛暑日が日本中で記録し、
熱中症予防対策の必要性が叫ばれています。

厚生労働省では、5月28日に国民への熱中症予防への理解と
対策を進めるため、注意喚起パンフレットを作成しました。

それによれば、熱中症は、高温多湿な環境下にいると、体内の水分や
塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かなくなって
しまうことがあり、体内に熱が溜まってしまい、吐き気や倦怠感
さらには呼吸困難に陥ります。

特に注意したい点は、必ずしも屋外で発生するのではなく、
室内にいるときも発生します。

また、熱中症発症の半数は、65歳以上のお年寄りで、エアコンを
我慢したり、水分を控えたりするため発症します。

そこで、暑いときは、こまめに水分と塩分を摂ることが
一番大事で、のどがたとえ渇いていなくとも、こまめに摂取することが
大切です。

また、室内温度を上げないように、エアコンをつける、扇風機をつける、
打ち水するなどの対策が必要です。

東日本大震災発生後は、節電の必要性が求められていますが、
特に猛暑日の日は、我慢しないでエアコンや扇風機を使うことが
薦められています。

熱中症にならないようにするには

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

規則正しい生活を送り、栄養不足を補う事で、口内炎は予防できます。

口内炎というのは、疲労や風邪など、体の免疫力が低下している時に出来やすくなります。 さらに、ビタミンが不足すると、粘膜が弱くなる為、口内炎ができる原因にもなります。 口内炎を予防する為には、栄養不足を …

no image

鼻の中の乾燥

毎冬鼻の中の乾燥に悩まされる人は少なくないでしょう。 痛さを伴った不快感や鼻をかむたびにティッシュに 血がにじむといったことをはじめ、本来水分によって 異物を吸着し外に押し戻すという鼻粘膜の免疫作用が …

no image

足の疲れと、むくみに関する解消法

長い間立ったままでいると、足がだるくなって、むくみますよね。 それ、放っておくと足が太くなるんですよ。 足が疲れてむくんだら、そのまま放っておくのではなく、 ケアしましょう。 ケア、マッサージというと …

no image

お正月でたるんだお腹は、冬の間に戻すことをオススメします。

年末からお正月にかけて、動きたくないが食べたくなる悪循環な時期。 しかし、必ず1年に1回はやってくる時期。 食べ物が、美味しい時期。 そんな時に気になるのが、いっぱい食べて、休みを満喫した後のお腹回り …

no image

口内炎の種類について

口内炎とは頬の内側や歯茎などの口の中や、 その周辺の粘膜にに出来る炎症のことをいいます。 口内炎には様々な種類がありますが、もっとも出来やすいのが アフタ性口内炎と言って、疲労や免疫力の低下、ストレス …

アーカイブ