健康

熱中症予防のため、厚生労働省は国民に注意喚起を行なっています

投稿日:

今年もまた、例年より早く真夏日や猛暑日が日本中で記録し、
熱中症予防対策の必要性が叫ばれています。

厚生労働省では、5月28日に国民への熱中症予防への理解と
対策を進めるため、注意喚起パンフレットを作成しました。

それによれば、熱中症は、高温多湿な環境下にいると、体内の水分や
塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かなくなって
しまうことがあり、体内に熱が溜まってしまい、吐き気や倦怠感
さらには呼吸困難に陥ります。

特に注意したい点は、必ずしも屋外で発生するのではなく、
室内にいるときも発生します。

また、熱中症発症の半数は、65歳以上のお年寄りで、エアコンを
我慢したり、水分を控えたりするため発症します。

そこで、暑いときは、こまめに水分と塩分を摂ることが
一番大事で、のどがたとえ渇いていなくとも、こまめに摂取することが
大切です。

また、室内温度を上げないように、エアコンをつける、扇風機をつける、
打ち水するなどの対策が必要です。

東日本大震災発生後は、節電の必要性が求められていますが、
特に猛暑日の日は、我慢しないでエアコンや扇風機を使うことが
薦められています。

熱中症にならないようにするには

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの乾燥肌

生後一歳四か月になる娘は 生まれてすぐの頃から湿疹のでやすい体質でした。 最初は乳児湿疹でしばらくしたら治まるかと期待していましたが 一歳を過ぎても手首・足首・太もも・膝などが乾燥してガサガサし 痒い …

no image

歯磨き後のすすぎはしない方がいい!?フッ素の問題

歯磨き後に口をすすがない方がいいという内容の 記事が出て議論が交わされています。 (参照) 歯磨き後の口はすすがない方がいいらしい http://www.lifehacker.jp/2013/01/1 …

no image

目に見える肥満と見えない肥満

肥満といってもそのタイプは大きく分けて2つになります。 ・皮下脂肪型肥満  女性に多く見られる。上半身よりもお尻から下半身にかけて脂肪が  つき、ぽっちゃりして見えることから、洋ナシ型肥満と言われる。 …

no image

快便ライフで健康を手に入れよう

健康でいるための一つの条件は腸内環境を整え、 快便生活を送ることにあります。 栄養をきちんと吸収して老廃物を排出する。 このサイクルときちんと保つことができれば 健康な体に役立つことは間違いありません …

no image

子どもの口臭について

子どもの口臭の原因は何でしょうか? 大人であれば、どこかの体調等が悪く嫌な臭いを 発する等はよくありますが、子供であると気になるところです。 この原因の多くは口呼吸にあると言われています。 口臭外来で …

アーカイブ