健康

陰部に出来るあせも

投稿日:

あせもの原因は汗を大量にかいた時に汗が皮脂の中に
たまってしまうのが原因です。

水ぶくれや炎症を起こし、激しいかゆみを伴うこともあります。
特に夏になると警戒しなければならない皮膚の病気のひとつです。

あせもが出来る場所はやはり汗をかきやすい場所、
そして汗が逃げにくく蒸れやすい場所に出来ることが多いのです。
例えば腕でも時計をはめた部分には出来やすくなります。

そして意外と多いのが、男女ともに陰部のあせもなのです。
なかなか人に言えないので耳にすることがないかもしれません。

しかし陰部は普段から下着に締め付けられ、汗をかくと下着に汗が
吸い込みそれをそのまま履き続けることになります。それが蒸れにも繋がり、
あせもになるということが多いのです。

炎症を起こしかゆみが出ると掻きむしりたくなるかもしれませんが、
そこはデリケートな部分ですし、外では見た目にもよくないので
我慢をするしかありません。

しかし最近ではデリケートゾーン、つまりは陰部のかゆみ用に開発された
塗り薬が各医薬品会社から販売がされています。なかなか人には言えない
辛い症状ですので、このような商品を上手に使って対応をすることが大切です。

あせも対策
あせもは、エッセンシャルオイルで痒みを緩和できます
汗疹は炎症では無いので治しやすい

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

風邪を引いてしまった時にすること

風邪の菌は鉄分が大好きです。 ですのでチョコレートなどの鉄分の多い物は控えましょう。 発熱初めの寒気のある時は厚着をして体を暖めるのが良いですが、 熱が上がって熱い時には無理に布団にくるまって暖まる必 …

no image

冬の暖房による乾燥

冬の乾燥と言うと、肌の渇きなど、美容系、皮膚系に 特化しがちですが、外側が乾くということは、当然、 体の中も乾燥状態になるのです。 そういう理由により、実は高齢者の水分補給は、 夏より冬を、より気を付 …

no image

健康的な毎日を送るために

健康は私たちの生活になくてはならないものです。 たとえ仕事で成功し、お金がたくさんあっても、 健康でなければ意味がありません。 また、健康でなければ心のゆとりも出てきませんから、 イライラしやすくなっ …

no image

生活習慣病のセルフチェック

中性脂肪が多い人には、生活面での何らかの 共通要素がある傾向があります。生活習慣病を 避けるために、まず肥満危険度をチェックしてみましょう。 YES/NOで答えてみてください。 1.両親が太っている …

no image

肥満にならないための対策

肥満にならないための対策としてはどのようなことが 考えられるのでしょうか。 以下のことを意識することによって肥満になることを 防ぐことができます。 1.1日3食食べること 1日2食にすると、その分のエ …

アーカイブ