健康

赤ちゃんのあせも対策

投稿日:

赤ちゃんというのは汗を大量にかきます。
そうした時に適切な対処をしていないと、
あせもに発展してしまう事があります。

対処というのは赤ちゃんのかいてしまった汗を綺麗にするという事で、
すぐに適切な方法で行う事であせもから防ぐ事が出来ます。
汗をかくと細菌が発生してしまいますが、それを綺麗にします。

単に乾いた布で拭くのも良いですが、濡らしたものであれば
汗を拭き取るだけでなく、水分で綺麗にする事が出来ます。

更にお風呂に入った後というのが注意が必要で、暑さから汗が出ます。
風邪対策としてすぐに乾かして、すぐに服を着せるというのが
一般的ですが、あせもにはあまり良くないです。

夏場などは一度扇風機などで体の熱をある程度取ってから、
パジャマを着させるようにする事が良いです。
しかしその時には赤ちゃんの熱を取りすぎないように、
状態を常にチェックしておく事が重要になります。

このような対策をしておくことで、赤ちゃんをあせもから防ぐ
事が出来ます。

あせもにはアロマが効く
あせもができた時のお風呂の入り方
あせもが出来たらまず馬油を塗ってみよう

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

アロマテラピーでストレス解消

アロマテラピーは、注目度が高い リラックス方法となっています。 草花から抽出した天然オイルを使い、香りに よってからだの緊張をほぐすというもので ヨーロッパでは17世紀ごろから用いられてきたと いう歴 …

no image

イライラにカルシウムは効かない

よくイライラしていると、カルシウムが足りないんだから もっとカルシウムを取りなさい!とか 牛乳を飲みなさい!とか言われたこと、言ったことが ありませんか? このイライラとカルシウムの関係ですけど、 日 …

no image

目に見える肥満と見えない肥満

肥満といってもそのタイプは大きく分けて2つになります。 ・皮下脂肪型肥満  女性に多く見られる。上半身よりもお尻から下半身にかけて脂肪が  つき、ぽっちゃりして見えることから、洋ナシ型肥満と言われる。 …

no image

ストレスは中性脂肪を増やす

今、ストレスが全く皆無です、なんてことを言える人は ほとんどいないというくらい現代はストレス社会になっています。 ストレスも一時的なものであれば、それほど問題には ならないと思いますが、それがずっと続 …

no image

中性脂肪とエネルギー源

脂肪・・と聞くといいイメージがないのが 普通だと思いますが、私たちのからだには ある程度の脂肪組織が必要です。 その脂肪組織の中でもっとも多く分布しているのが 中性脂肪です。 中性脂肪はトリグリセライ …

アーカイブ