エンターテイメント

進撃!巨人中学校の感想

投稿日:

進撃!巨人中学校・・その名前のとおり
進撃の巨人のパロディ漫画です。

進撃の巨人の単行本を購入したときに
掲載されていたということもあり、
面白いと思ってあわせて読んでみることに
しました。

正確にいうと面白い、というよりは
どうせくだらないんだろうな・・と思う気持ちが
強かったのですが、実際に読んでみると、
想像以上に、内容を踏襲しているというか、
各キャラの設定が上手すぎでした。

登場する巨人もリアリティがありすぎ。
このリアリティというのは原作との比較という意味で
巨人という特定の人物ではないはずのものなのですが
この顔、どこかで見たことがあるぞ?と思ってしまうように
うまく原作から取り入れているんです。

この漫画、原作を深く知らない人、原作を読んだことが
ない人にとっては全く面白くありません。
ただ、進撃の巨人ファン、マニアにとっては
なかなかここを真似してくるか、
こうつかってくるか、と楽しめるところが
あるように思います。

さすがに原作そのものと比べると見劣りするのは
当たり前ですが、パロディものとしてはなかなか
良いのではないでしょうか。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

SPYAIRの脱退理由の真相は?声帯ポリープが原因?

SPYAIRのボーカルIKEが突然ツイッター上で 脱退を表明したということはヤフーのトップニュースにも なりましたね。 SPYAIRもついにそこまでの大物になったのかと いうことを感じてしまいました。 …

no image

PCゲーム 東方project

皆さんはPCゲームに対してどのような印象をお持ちでしょうか? おそらくあまり良い印象を持っていないと思います。 ゲームという物自体さまざまなジャンルがあります。 ですがPCのゲームは18禁のゲームが多 …

no image

システム派とゲーム

ゲームを構成する要素にはいくつかあります。 例えば、ストーリーやグラフィックやキャラクター、世界観、音楽や映像やシステム等々。 その中でもシステムが一番大事だと思っています。 ゲームのシステムというの …

no image

賭博覇王伝零はいつから推理モノになってしまったのか?

賭博覇王伝零、今週刊少年マガジン連載中ですが、 カイジで有名な福本伸行氏の漫画です。 本当ならスリルのあるギャンブル的展開が待っている 漫画のはずなのですが、最近はなぜか推理モノ展開・・・。 それが本 …

no image

ピグライフ 次はテーブルビート

ピグライフの次のクエストはテーブルビートに なるそうです。 wikiより テーブルビート、ビーツ、レッドビート(red beet)、ガーデンビート(garden beet)、 ビートルート(beetr …

アーカイブ