健康

あせもとアトピーの違いと治療法

投稿日:

あせもとアトピー、その違いは、簡単に書くと、
あせもは、夏に汗をかいたときに、主に乳幼児の皮膚に出来る
湿疹のようなものです。

乳幼児に多いのは、大人に比べて汗をかきやすいからです。
また、夏に限らず、汗をかく状態の時に、毛穴が汗で
ふさがってしまうことから起こると言われています。

汗が詰まることが原因ですから、予防としては、汗をふく、
シャワーなどのあとは、よくタオルでふき取るなどです。

できてしまったあせもの治療では、よく昔に言われていたのは、
よく乾燥させて、オロナインなどのあせも用のクリームを
塗りつけるなどです。

それに比べてアトピーは、慢性的で治療にも長くかかるのが一般的です。

また乳幼児に限らず、大人でもなるところが、あせもと違う大きなところです。
アトピーはアレルギー性の皮膚炎として知られていて、何かしらのアレルギー反応が
皮膚の疾患としてでてくると言われています。

急になることもあるので、予防というよりもなってしまった時の、
治療法が大事になってくる疾患です。

皮膚科に行くと、多くは、ステロイド外用薬が処方されて
塗ることになります。

基本的には、皮膚を清潔にしておくことを心がけることです。
また、ほかに喘息・鼻炎などのアレルギーがある場合、アレルギーの
原因となっていることがあると思われるので、それらを排除するのが
基本的には予防となります。

あせものかゆみには
運動による発汗とその結果のあせもの予防について
あせもは、英語でPrickly heat

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

ほぐれっち

体のコリの悩みに「ほぐれッチ」通販 ~体をほぐす~

体がこってしかたがない、体全体が 硬くなって困っている人は結構多いと 思います。 一時的なものなら湿布を貼ってとかで 対策も出来ますが、慢性的なものだと どうしようもなくて参っていたりすることも ある …

no image

イライラにカルシウムは効かない

よくイライラしていると、カルシウムが足りないんだから もっとカルシウムを取りなさい!とか 牛乳を飲みなさい!とか言われたこと、言ったことが ありませんか? このイライラとカルシウムの関係ですけど、 日 …

no image

足の乾燥肌対策

若いころはこんなことはなかったのですが、50歳近くになると、 特に冬の乾燥肌に悩むようになりました。 特に症状がひどいのが足のひざからすねにかけてで、何も しないで放っておくと、皮膚が干からびてひび割 …

no image

基礎代謝量の計算

基礎代謝を計算して自分の数値を知って その数値をもとにトレーニングしたい、食事量を 考えたいという人もいると思います。 この計算式としてはハリス・ベネディクトの式と いう公式が存在します。 ・計算式 …

no image

pcメガネが良くない?

「pcメガネ よくない」なんて検索でこのブログに たどりついて人がいるようです。 えっ?どこのPCメガネが良くなかったんでしょうか? 私はjinspcをずっと使っているんですけど、 もう半年以上は使っ …

アーカイブ