健康

子供のあせもの治し方

投稿日:

発汗は人間が体温調節をするためには、とても大切なことです。

しかしたくさん汗をかくことで皮膚に炎症が起こり、
赤くかゆみを伴うブツブツが出来てしまうことがあります。

これがあせもです。

子供は大人に比べて汗をかきやすく、皮膚も柔らかいので
油断すると汗をかきやすい背中やひじの内側、ひざの裏、
オムツのエリアなどにあせもが出来てしまいます。

あせもにも炎症の起こり方によって種類があり、皮膚の
表面近くの炎症の場合は発疹も白っぽくかゆみもありません。

炎症が少し皮膚の深い所で起こると、赤くかゆみを伴います。

かゆみがあると掻き毟って皮膚を傷つけて悪化してしまうので、
早めに抗炎症作用のあるステロイド剤を塗ってあげることが大切です。

ステロイド剤も効果の強さが色々ありますので、弱いものを
早めに使って治すことで必要以上の薬剤の使用を防げます。

心配であれば薬局で薬剤師に相談しましょう。

また、なるべくあせもが出来ないように気をつけることも大切です。
小さい子供は汗をかいても自分では対処出来ないので、こまめに
拭いてあげたり服を替えてあげる必要があります。

快適に夏を過ごすためにも、あせもの予防と
早期対処を心がけましょう。

サウナに入って、あせもになりにくい肌に
陰部のあせもの対策について
あせもで皮膚科から処方される薬

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

健康になるためにはまず食事から改善することが大事

いつの時代でも、自分の身体への関心は持っているものです。 そのため、ダイエットなどのスタイルを良くする健康法は、 女性だけでなく男性からも求められるものになっていますし、 それと同時により簡単に、かつ …

no image

果物は毎食食べたほうがいいのか?

果物は健康的なので、食べたほうが良いという話は よく聞きますが、毎食食べても大丈夫なのでしょうか? 確かに果物はビタミンC等栄養分も高く、お菓子よりも 糖分が低い、カロリーが低いというところがあります …

no image

夕食後にハーブティーのすすめ

一日の仕事を終えて帰宅し、眠りにつくまでの時間は、 ゆっくり好きなことをして過ごす最上のリラックスタイムですね。 そんな時、好きなお酒やコーヒーを片手にというのも 楽しいものですが、とりすぎたアルコー …

no image

帽子と紫外線の間違った知識を正す

肌の手入れをする際に、最も気をつけなければいけないのは 紫外線の存在です。 紫外線は長時間身体に浴びせてしまいますと肌に本当に 良くありませんし、なにより癌を発症させる可能性も若干ながら 上昇してしま …

no image

冬の冷え対策

寒くなってきました。 じっとしていると手足が冷たくなってきて辛い思いを されている方も多いのではないでしょうか? 冷えは万病のもととも言い、身体を冷やすと様々な不調が現れます。 この冷えから身体を守る …

アーカイブ