健康

子供のあせもの治し方

投稿日:

発汗は人間が体温調節をするためには、とても大切なことです。

しかしたくさん汗をかくことで皮膚に炎症が起こり、
赤くかゆみを伴うブツブツが出来てしまうことがあります。

これがあせもです。

子供は大人に比べて汗をかきやすく、皮膚も柔らかいので
油断すると汗をかきやすい背中やひじの内側、ひざの裏、
オムツのエリアなどにあせもが出来てしまいます。

あせもにも炎症の起こり方によって種類があり、皮膚の
表面近くの炎症の場合は発疹も白っぽくかゆみもありません。

炎症が少し皮膚の深い所で起こると、赤くかゆみを伴います。

かゆみがあると掻き毟って皮膚を傷つけて悪化してしまうので、
早めに抗炎症作用のあるステロイド剤を塗ってあげることが大切です。

ステロイド剤も効果の強さが色々ありますので、弱いものを
早めに使って治すことで必要以上の薬剤の使用を防げます。

心配であれば薬局で薬剤師に相談しましょう。

また、なるべくあせもが出来ないように気をつけることも大切です。
小さい子供は汗をかいても自分では対処出来ないので、こまめに
拭いてあげたり服を替えてあげる必要があります。

快適に夏を過ごすためにも、あせもの予防と
早期対処を心がけましょう。

サウナに入って、あせもになりにくい肌に
陰部のあせもの対策について
あせもで皮膚科から処方される薬

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

マテ茶を飲んだらダイエットにもいい訳

マテ茶に含まれる食物繊維、ミネラル、ポリフェノールは 飲むだけでダイエットにもいい効果をもたらします。 お肉料理にも相性がいいことは広く知られています。 それでは、なぜマテ茶と相性がいいのでしょうか。 …

no image

腰痛の治し方について

30歳ころ、カブに乗ろうとしたときギックリ腰をやってしまいました。 脂汗がたらたら流れ、しばらくその場でじっとしていました。 少し治まったのでこわごわカブを引いて勤務先まで戻りました。 この時が私のギ …

no image

乾燥肌を防ぐL_アスコルビン酸リン酸マグネシウム

乾燥肌、敏感肌を防ぐ第一歩は、保湿を中心とした スキンケアです。 そこで、L_アスコルビン酸リン酸マグネシウム塩という 持続活性型ビタミンCを使用した美容クリームがオススメです。 このビタミンCの最大 …

no image

日常に支障あり。月経前症候群をご存知ですか?

女性の皆さん、 毎日快適に過ごせていますでしょうか? 時にはコンディションの悪い日もあるでしょう。 でも、大抵の場合、少しの気分転換や休養で 普段の自分に戻れるものです。 しかし、何をしてもどうにもな …

歯ブラシも高級なよいものを試してみませんか?

歯ブラシなんてどれを使っても同じ、というような人も いるかもしれませんが、でも自分の使うブランドであったり 硬さであったり、ある程度はこだわりがあるというのが 普通なのではないでしょうか。 今までいろ …

アーカイブ