健康

子供のあせもの治し方

投稿日:

発汗は人間が体温調節をするためには、とても大切なことです。

しかしたくさん汗をかくことで皮膚に炎症が起こり、
赤くかゆみを伴うブツブツが出来てしまうことがあります。

これがあせもです。

子供は大人に比べて汗をかきやすく、皮膚も柔らかいので
油断すると汗をかきやすい背中やひじの内側、ひざの裏、
オムツのエリアなどにあせもが出来てしまいます。

あせもにも炎症の起こり方によって種類があり、皮膚の
表面近くの炎症の場合は発疹も白っぽくかゆみもありません。

炎症が少し皮膚の深い所で起こると、赤くかゆみを伴います。

かゆみがあると掻き毟って皮膚を傷つけて悪化してしまうので、
早めに抗炎症作用のあるステロイド剤を塗ってあげることが大切です。

ステロイド剤も効果の強さが色々ありますので、弱いものを
早めに使って治すことで必要以上の薬剤の使用を防げます。

心配であれば薬局で薬剤師に相談しましょう。

また、なるべくあせもが出来ないように気をつけることも大切です。
小さい子供は汗をかいても自分では対処出来ないので、こまめに
拭いてあげたり服を替えてあげる必要があります。

快適に夏を過ごすためにも、あせもの予防と
早期対処を心がけましょう。

サウナに入って、あせもになりにくい肌に
陰部のあせもの対策について
あせもで皮膚科から処方される薬

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

乾燥肌に効く食べ物

秋から冬にかけては、暖房や外気の影響で乾燥肌になりがちです。 乾燥肌をケアする場合、化粧水や美容液などで水分補給をし、 保水力を高めるのが有効です。 しかし、乾燥肌に効く食べ物を摂り、身体の内側から …

no image

質の良い睡眠は、美容と健康の要

美容と健康にかかせない要素はたくさんあると思います。 睡眠・食事・運動どれも大切ですが、中でも睡眠は1日 の疲れを心身共に回復する力を持っています。 睡眠によって細胞分裂が盛んになり、昼間活発に働く …

no image

歯周病予防にはCHX洗口液

50代後半の男性からの投稿を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50代後半の男性です。40代から歯科で初期の歯周病と診断され、それ以来 歯科の指導による歯磨き方と液を使っています。お …

no image

果物は毎食食べたほうがいいのか?

果物は健康的なので、食べたほうが良いという話は よく聞きますが、毎食食べても大丈夫なのでしょうか? 確かに果物はビタミンC等栄養分も高く、お菓子よりも 糖分が低い、カロリーが低いというところがあります …

no image

夕食後にハーブティーのすすめ

一日の仕事を終えて帰宅し、眠りにつくまでの時間は、 ゆっくり好きなことをして過ごす最上のリラックスタイムですね。 そんな時、好きなお酒やコーヒーを片手にというのも 楽しいものですが、とりすぎたアルコー …

アーカイブ