健康

子供のあせもの治し方

投稿日:

発汗は人間が体温調節をするためには、とても大切なことです。

しかしたくさん汗をかくことで皮膚に炎症が起こり、
赤くかゆみを伴うブツブツが出来てしまうことがあります。

これがあせもです。

子供は大人に比べて汗をかきやすく、皮膚も柔らかいので
油断すると汗をかきやすい背中やひじの内側、ひざの裏、
オムツのエリアなどにあせもが出来てしまいます。

あせもにも炎症の起こり方によって種類があり、皮膚の
表面近くの炎症の場合は発疹も白っぽくかゆみもありません。

炎症が少し皮膚の深い所で起こると、赤くかゆみを伴います。

かゆみがあると掻き毟って皮膚を傷つけて悪化してしまうので、
早めに抗炎症作用のあるステロイド剤を塗ってあげることが大切です。

ステロイド剤も効果の強さが色々ありますので、弱いものを
早めに使って治すことで必要以上の薬剤の使用を防げます。

心配であれば薬局で薬剤師に相談しましょう。

また、なるべくあせもが出来ないように気をつけることも大切です。
小さい子供は汗をかいても自分では対処出来ないので、こまめに
拭いてあげたり服を替えてあげる必要があります。

快適に夏を過ごすためにも、あせもの予防と
早期対処を心がけましょう。

サウナに入って、あせもになりにくい肌に
陰部のあせもの対策について
あせもで皮膚科から処方される薬

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

気功を使った健康法

現代社会はストレス社会といっても過言ではありません。 仕事のストレス、子育てのストレス、人間関係のストレスと 身の周りはストレスで溢れかえっています。 過度なストレスは心身の健康を害する要因にもなりま …

no image

B型インフルエンザが発覚しました

前回のエントリで花粉症なのに熱が出るという 内容の話をしましたが、一向に熱が収まる気配が ないので内科に行ってみると実はB型インフルエンザだと いうことがわかりました。 これはショックですね・・。 て …

no image

階段歩きで意外なダイエット効果

ダイエット…誰しもが、強い決意を持ってのぞむのの、 なかなか続かないのがダイエットです。 今度こそは、今回こそは三日坊主をやめる!絶対に続けてみせる!と 思ってもなかなかうまくいかないのがダイエットで …

no image

喉の乾燥を防ぐ

風邪の引き始めにはいろいろありますが、喉の乾燥が原因で 風邪を引く方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。 喉からくる風邪は、引いてしまうととてもやっかいでしょう。 喉からくる風邪を引いてしまうと …

no image

ストレスは中性脂肪を増やす

今、ストレスが全く皆無です、なんてことを言える人は ほとんどいないというくらい現代はストレス社会になっています。 ストレスも一時的なものであれば、それほど問題には ならないと思いますが、それがずっと続 …

アーカイブ