資格

公認会計士受験生激減の実態

投稿日:

公認会計士の受験者が激減となっていることが
報道されていますね。

あれだけ資格を取っても就職できないと
いう人が溢れたのだから当然のことだと
思います。

弁護士も受給バランスが崩壊してきましたが、
公認会計士も崩壊してしまいました。

他の資格も目立っていないだけで
同じような状況だと思います。

これは何が問題かというと単純に受給バランスを
読み違えて合格者を増やしてしまった、政府・行政の
責任ではないでしょうか。

資格取得は自己責任?

資格取得して成功するかどうかは自己責任で
あるという考え方もあります。

必ず成功する保証なんてどこにもあるはずはなく
経営者と一緒で自分自身で責任を取って勉強し、
資格取得し、その先へ進むべきだと。

それにしても、最初から需要がないというのは
国家資格として国が認定するものとしては
ひどすぎると感じてしまいます。

誰でも自由に受験できるのならまだしも
実態として難関国家試験クラスになると
生活を犠牲にするレベルのものが求められます。

学生であれば、学生生活の大部分を。
社会人であれば、実質退職するか、窓際的な時間に
余裕のある立場でないと不可。

資格を取得してから、実務につきながらハードなのではなくて
取得時点においてここまでの過剰な難易度を強いていながら
本人の自己責任判断を見極めるというのは
極めて難しく、受験生は漠然として希望のみを
持って受けるしかない状況だと思うのです。

学生時代やほぼ社会経験のない人達にとって
適性があって、取得後に生き残れるか、こんなことが
判断できるわけはないでしょう。

この制度、難易度の問題だけではなく
根本的な見直しが必要ではないでしょうか。

関連サイト記事
公認会計士の就職難という現実を見て考える

adsense

adsense

-資格

執筆者:

関連記事

no image

VEリーダーの資格とは

VEリーダーの資格とは組織の活性化に力を発揮する 資格として、4000人弱が受験するような資格となっています。 試験は12時間以上のVE研修(社内研修、通信教育、学内での授業を含む 受講者が受験資格を …

no image

資格は役に立つのか

現在、資格の有効性がかなり疑問を持つようなものも多くなってきています。 ここでは、きちんとした国家や公的機関の運営している資格を前提としています。 昔から民間資格がこの資格を取ると就職やスキルアップに …

no image

貸金業務取扱主任者の資格とは

貸金業務取扱主任者の資格は国家資格として2009年度より リニューアルされた資格になります。 貸金業の営業所・事務所においては貸金業取扱主任者試験に 合格して登録を完了した者を配置しなければならないと …

no image

簿記能力検定の資格とは

日商簿記検定と似ている資格として簿記能力検定というものが あります。 こちらは日商簿記検定が商工会議所が主催しているのに対し 簿記能力検定は「公益社団法人 全国経理教育協会」が 主催しているものになり …

no image

品質管理検定(QC検定)の資格とは

品質管理検定(QC検定)とは、品質管理の知識と 改善能力を問う試験となっています。 より優れた製品やサービスを作り出すために、企業内では 品質管理(QC)活動が推進されています。 品質管理検定では、今 …

アーカイブ