エンターテイメント

インサイドヘッドの感想 DVDレンタルしました

投稿日:

eigakan

DVDレンタルなので今更という話には
なるかもしれませんが、
「インサイドヘッド」を借りてきて見てみました。

インサイドヘッドということで頭の中で
指令を出している感情たちの物語。

ヨロコビ・カナシミ・イカリ・ムカムカ・ビビリと
いう5人が感情をつかさどっていて、
この物語はヨロコビを主人公として
進んでいく。

もう一人の主人公がカナシミ。
最終的にストーリーとしては
悲しみが必要なのかどうなのかと
いうところが主要テーマとなってきます。
このDVD、プロモーションで流れているのを
見てかなり面白そうだと思ったんですね。

モンスターズインクが良かったように
インサイドヘッドもまた感動できて
面白いストーリーなんじゃないかなと
思いました。

でも、見た感想としては私自身としては
ちょっといまいちかなあ・・というところが
ありました。

ネット上のレビューは既にたくさん
あふれているんですけど、評価は
分かれているとはいえ、感動したというような
声も多くあるんですよね。

大人が見ても感動できる、
子どもも楽しい、
大人も人生を考えることができる、
そんなコメントも出ていました。

個人的な感想

個人的にはどうだったかというと、
ストーリーの主要部分が少女ライリーの
悲しい部分が多すぎるというところが
気になってしまいました。

もう少し5人(?)の感情で上手く
日常がまわっていてもいいような気が
しました。

起承転結というよりは常に「転」であって
少女ライリーが次々にイヤな思いをしていくと
いうのがちょっと笑えない、見てられないような
感じなんですよね。

こういうシーンはここまで長くある必要は
ありません。

そしてヨロコビ・カナシミ以外の人達の
役割が全然ぱっとしません。

ムカムカ・ビビリなんて、存在している
意味があるのかどうかもよくわからない
状態でした。

毎日の行動がほとんどヨロコビによって
動くことになってしまってますし、
5人が相互補完して動いている感じが
イマイチ表現しきれていないように
思えたんです。

では、他にどうできたのかというと
それもこの設定だと難しいところ。
ヨロコビなのに他の感情を持つのは変ですし
実際に持ってしまっています。
他の感情もまた同じです。

どうにも設定的に難しいところもあり、
こういう流れにしかできなかったのかも
しれません。

ピクサーアニメ映画に関しては
評価は高かったのですが、この
インサイドヘッドはイマイチだなあ・・・と
いう話でした。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

進撃の巨人 12巻の発売日は?

今話題となっている進撃の巨人の漫画。 このブログでも進撃の巨人の関連キーワードで 検索されることがとても多くなってきました。 進撃の巨人11巻は8月9日発売ということで その発売日を心待ちにしている人 …

和田アキ子とNHKの関係は?ケンカ状態?

和田アキ子がNHKの紅白歌合戦に 落選となったのはもはや有名な話ですが、 その後の態度として、見たくないというような 発言をしたりNHKに対して文句を 言っている状態でした。 これがNHK側にも伝わっ …

no image

ピグワールドというものが始まったらしい

アメーバピグ関連のゲームで新しく ピグワールドというものが始まったらしいです。 今度は街を作っていくゲームという感じでしょうか。 実はまだ手をつけていません。 今夜中なのですが、今から手をつけると眠れ …

NINTENDO SWITCH(開発コードNX)の評価は?

任天堂の新ハード、NXがついに その商品名を「NINTENDO SWITCH」として 発表されましたね。 3分ほどの映像ということで見ましたけど 映像が特別凄かったり、ゲーム性が特別に 凄いというよう …

no image

WiiUのタブレットとゲーム機の将来

任天堂の新型ゲーム機「WiiU」が 12月8日に発売されて、今のところ人気が出ているようです。 タブレット型で携帯ゲームではないにも関わらず TV画面を占有しないというところ、ゲームだけではなく 今後 …

アーカイブ