エンターテイメント

インサイドヘッドの感想 DVDレンタルしました

投稿日:

eigakan

DVDレンタルなので今更という話には
なるかもしれませんが、
「インサイドヘッド」を借りてきて見てみました。

インサイドヘッドということで頭の中で
指令を出している感情たちの物語。

ヨロコビ・カナシミ・イカリ・ムカムカ・ビビリと
いう5人が感情をつかさどっていて、
この物語はヨロコビを主人公として
進んでいく。

もう一人の主人公がカナシミ。
最終的にストーリーとしては
悲しみが必要なのかどうなのかと
いうところが主要テーマとなってきます。
このDVD、プロモーションで流れているのを
見てかなり面白そうだと思ったんですね。

モンスターズインクが良かったように
インサイドヘッドもまた感動できて
面白いストーリーなんじゃないかなと
思いました。

でも、見た感想としては私自身としては
ちょっといまいちかなあ・・というところが
ありました。

ネット上のレビューは既にたくさん
あふれているんですけど、評価は
分かれているとはいえ、感動したというような
声も多くあるんですよね。

大人が見ても感動できる、
子どもも楽しい、
大人も人生を考えることができる、
そんなコメントも出ていました。

個人的な感想

個人的にはどうだったかというと、
ストーリーの主要部分が少女ライリーの
悲しい部分が多すぎるというところが
気になってしまいました。

もう少し5人(?)の感情で上手く
日常がまわっていてもいいような気が
しました。

起承転結というよりは常に「転」であって
少女ライリーが次々にイヤな思いをしていくと
いうのがちょっと笑えない、見てられないような
感じなんですよね。

こういうシーンはここまで長くある必要は
ありません。

そしてヨロコビ・カナシミ以外の人達の
役割が全然ぱっとしません。

ムカムカ・ビビリなんて、存在している
意味があるのかどうかもよくわからない
状態でした。

毎日の行動がほとんどヨロコビによって
動くことになってしまってますし、
5人が相互補完して動いている感じが
イマイチ表現しきれていないように
思えたんです。

では、他にどうできたのかというと
それもこの設定だと難しいところ。
ヨロコビなのに他の感情を持つのは変ですし
実際に持ってしまっています。
他の感情もまた同じです。

どうにも設定的に難しいところもあり、
こういう流れにしかできなかったのかも
しれません。

ピクサーアニメ映画に関しては
評価は高かったのですが、この
インサイドヘッドはイマイチだなあ・・・と
いう話でした。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

PCゲーム 東方project

皆さんはPCゲームに対してどのような印象をお持ちでしょうか? おそらくあまり良い印象を持っていないと思います。 ゲームという物自体さまざまなジャンルがあります。 ですがPCのゲームは18禁のゲームが多 …

no image

「七つの大罪」の感想

今少年マガジンで新連載が始まって数話の 七つの大罪ですが、みなさんはこの漫画いかがでしょうか? ファンタジー路線として少年漫画の王道を 行くような感じではあり、時代背景も中世で 雰囲気も出ているところ …

no image

AKB49 みのる完全終了のお知らせ

今週のAKB49でついに主人公のみのるが 浦川みのりであるということがバレる展開に なりましたね。 今までバレなかったのがおかしいくらい。 漫画なんでそこはフィクションで済ませても いいかもしれません …

Wii U、日本国内生産終了 ハード切り替えが早すぎ?スイッチ準備?

任天堂がWii Uの日本国内の生産を 終了させるということを発表しました。 もうあまり販売が芳しくないというような 情報はありましたし、次にスイッチが待っているので 当然といえば当然なのかもしれません …

「反逆の影使い」がまさかの打ち切り!

週刊少年マガジンで連載中の新連載 「反逆の影使い」ですが、本日発売の マガジンであまりにも唐突に連載が 終了してしまいました! これは完全に打ち切りというヤツです・・。 マガジンは本当に人気がないとな …

アーカイブ