エンターテイメント

映画館でわざわざ観る必要がない?映画館ならではの良さ。

投稿日:

eigakan

はてなブックマークのところを見ていますと
「映画館でわざわざ観る必要がない問題」なんて
記事が出ていました。

いずれは動画配信であったり、レンタルであったりで
自宅のテレビでいいというのがその理屈に
なるそうです。

確かに自宅のディスプレイは進化しては
いますが、本当にそういう問題なのでしょうか?

映画館のスクリーンより自宅のディスプレイの
方がきれいというような話も出ていましたが、
確かにそうかもしれません。

ですが、映画館のスクリーンの大きさを再現
できる自宅のテレビがある人はいないですよね。
映画館の音響を再現できるようなテレビを
持っている人はいないですよね。

ホームシアターで近づけることはできるかも
しれませんが、あの空気感を出すには
よほどの大型テレビで大音量で良い音響設備を
持っている人しかできないことになってしまいます。

ただそれでも日本の住宅事情の限界も
あるかと思います。

そしてやはり映画館の楽しみってそれだけでは
ないと思うんです。

いずれレンタル等で世の中に出てくることは
わかっている。

それでも見に行きたいとする理由として
・いち早く最近作品に触れてみたい
・話題に乗ってみたい
・友達、恋人、家族と一緒に楽しみたい。

そういったところもあるのではないでしょうか。

デートコースの一つとして2人で一緒に
出かけて、ご飯を食べたり、グッズを見たりして、
映画を見て、お互い感想を言い合ったり、
そういった楽しみがあるように思います。

レンタルで借りてみただけだったら、
いい映画だった・・で終わりのものが
映画館に見に行くとなると一大イベントのような
雰囲気になって、終わってからも話が
盛り上がったり、関連作品やグッズ等に
興味を持ったり、等さまざまな影響が
起こってきます。

久しぶりに映画館に行くと、
こんなに映画って魅力的なものだったんだって
思ったりもするんですね。

映画館で観る必要、
大いにあるということです。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

ラクゴモンの感想 ジョーの運命

週刊少年マガジンで連載中のラクゴモンについての 感想です。 どうしてもこの漫画は打ち切り感が凄いというか 微妙な空気が漂っています。 前回の「花形」の方が良かったようにも。 少年漫画で落語は相当うまく …

no image

仮想現実に暮らしてみる

最近ゲーム関係で爆発的なヒットになっているタイトルを ご存知ですか?昨年の11月に発売されたのですが、 今年に入り、すでに200万本を売り上げる大人気ソフトです。 ゲームなのでお子様は勿論ですが、30 …

no image

A-BOUTが面白い

週刊少年マガジン連載中のA-BOUT。 一時期面白さが薄らいできたと思いましたが また今週面白さが復活してきたと思います。 知らない方のために言うと 高校生の喧嘩漫画ではあるのですが、 三年生が絶対的 …

「反逆の影使い」がまさかの打ち切り!

週刊少年マガジンで連載中の新連載 「反逆の影使い」ですが、本日発売の マガジンであまりにも唐突に連載が 終了してしまいました! これは完全に打ち切りというヤツです・・。 マガジンは本当に人気がないとな …

テラスハウス9月終了 その本当の理由は?

テラスハウスがいきなり終了ということで 衝撃の発表となりましたね。 その本当の理由というのは一体何なのでしょうか? 通常であれば、人気のある番組は終わらせないもの。 あまちゃんのような一定のクールが決 …

アーカイブ