社会

日本を褒め称えるサイトは本当なのか?

投稿日:2017/01/26 更新日:

nihonchizu_area
世界が絶賛する日本!みたいな
自国礼賛サイトはこうやって
作られていた!ということで
kino toshiki氏が暴露記事を
出しているものを見ました。
ヨーロッパに住んでいて、
実際には日本の製品を見ることは
少ない、日本文化に興味がある人は少ないと
いうことで、世界からそこまで褒められている
わけではなく、そういう一部の人の発言を
取り上げているだけだということです。

実際に海外の反応という言葉で検索して
みますと、日本についてよく書かれた
記事がたくさん出てきます。

ただその記事はクラウドソーシングに
よって海外から意図的にそういう記事だけを
抜き出して翻訳されたものであると
いうこと。

日本のことを褒め称える記事はゼロでは
ないけれど、いいものだけを抜き出しているので
実はそれは本質を現しているものではないと
いうことになります。

あの「海外の反応」だけ見ていると
どれだけ日本はいい国なんだなと
思ってしまいますね。

確かに直近を見ると、労働条件が
ヨーロッパと比べると著しく悪いのは
明らかなところがありますし、
そこまで魅力があるのかとも
思ってしまいます。

反論する方々もいる

日本はやはり海外から褒められていない、
魅力がないという話ですがこれに対して
反論する方々もいるようです。
・この人の言っていることも極論である。

・ヨーロッパにいると日本好きはわりと多い。

・日本人観光客はたくさんいた。

・フラットにみても日本はユニーク。

・どの国へ旅行しても日本は素晴らしいと思うことばかり。

このようなコメントが出てきました。
こういう話を見ると、日本を無条件で褒め称えるのは
どうかとしても、一定の根拠のようなものは
あるともいえますね。

少なくとも、今自分で見て日本はどうなのか?

企業での労働環境の問題や
今後の成長率の問題はあるにせよ、
まだまだ日本は世界の中では
良い国といって問題ないのではないでしょうか。

革新的な国、魅力がある国なのか、
そういった国になれるかどうかは、
自分たち次第、自分たちが今後
どうしていけるかということに
なってくるのではないでしょうか。

ただ、無条件に褒めるのも
無条件にけなすこともせず、
しっかりと考えていきたいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

社長になりませんか?は怪しい

社長になりませんか?とうたっている 求人募集広告や掲示板、SNS経由でのメッセージ等で 見たことはありませんか? 自分も社長になれる!ということで 興味津津という人も多かったりするのではないでしょうか …

no image

経済学から見る環境問題解決の難しさ

経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。 しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、 無視できない状態へとなっています。 特に日本においては、リサイクル技術 …

no image

嫁姑問題と同居

嫁姑の問題は永遠です。 現在の嫁姑は意外と仲が良いと思われます。 肉体的な作業で嫁をいじめるようなものもあまりないし、 嫁もそれをさらりとかわせる技を持っているものと思われます。 そんな中でよく聞く問 …

ミニマリストって今でもいるの?一時的ブームの気がします。

ミニマリストを実践した人が 陥っている落とし穴なんて記事が 上がっていました。 質にこだわりすぎて高額なものを 買いすぎて、日常の消耗品まで 高くなり節約になっていない。 下着やバスタオルも少ないため …

no image

老齢厚生年金に関わる免除制度の注意点

老年厚生年金の免除制度としてベースである国民年金が免除になるという 制度がありますが注意点があります。 国民年金の免除制度の条件には、「前年所得(1月から12月)が○○円以下」と いう内容が含まれてい …

アーカイブ