社会

日本を褒め称えるサイトは本当なのか?

投稿日:2017/01/26 更新日:

nihonchizu_area
世界が絶賛する日本!みたいな
自国礼賛サイトはこうやって
作られていた!ということで
kino toshiki氏が暴露記事を
出しているものを見ました。
ヨーロッパに住んでいて、
実際には日本の製品を見ることは
少ない、日本文化に興味がある人は少ないと
いうことで、世界からそこまで褒められている
わけではなく、そういう一部の人の発言を
取り上げているだけだということです。

実際に海外の反応という言葉で検索して
みますと、日本についてよく書かれた
記事がたくさん出てきます。

ただその記事はクラウドソーシングに
よって海外から意図的にそういう記事だけを
抜き出して翻訳されたものであると
いうこと。

日本のことを褒め称える記事はゼロでは
ないけれど、いいものだけを抜き出しているので
実はそれは本質を現しているものではないと
いうことになります。

あの「海外の反応」だけ見ていると
どれだけ日本はいい国なんだなと
思ってしまいますね。

確かに直近を見ると、労働条件が
ヨーロッパと比べると著しく悪いのは
明らかなところがありますし、
そこまで魅力があるのかとも
思ってしまいます。

反論する方々もいる

日本はやはり海外から褒められていない、
魅力がないという話ですがこれに対して
反論する方々もいるようです。
・この人の言っていることも極論である。

・ヨーロッパにいると日本好きはわりと多い。

・日本人観光客はたくさんいた。

・フラットにみても日本はユニーク。

・どの国へ旅行しても日本は素晴らしいと思うことばかり。

このようなコメントが出てきました。
こういう話を見ると、日本を無条件で褒め称えるのは
どうかとしても、一定の根拠のようなものは
あるともいえますね。

少なくとも、今自分で見て日本はどうなのか?

企業での労働環境の問題や
今後の成長率の問題はあるにせよ、
まだまだ日本は世界の中では
良い国といって問題ないのではないでしょうか。

革新的な国、魅力がある国なのか、
そういった国になれるかどうかは、
自分たち次第、自分たちが今後
どうしていけるかということに
なってくるのではないでしょうか。

ただ、無条件に褒めるのも
無条件にけなすこともせず、
しっかりと考えていきたいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいいという世の中はよくない

社会学者の上野千鶴子氏が中日新聞の インタビューで 「みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいい」 ということを言ったことが話題になって いるようです。 GDP維持、増加をしていくことをあきらめて み …

no image

受験、試験勉強の効果的な方法

受験や試験の勉強方法は、いくつか効果的な方法があると思います。 ただ闇雲に勉強するだけでは、本番では結果が残せない事もあります。 いくつか効果的な勉強法を挙げてみます。 ・大まかなスケジュールを立てる …

no image

色覚異常の割合と見え方についての考察

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について 語ったものがあったので真剣に読んでみました。 そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が 色覚異常を持っているということです。 女性は遺伝的になる …

no image

トラブルと戦うなら愛のある内に記録を残そう

「愛している人を疑ったりできない。」 確かに人間とはそのようにできている生き物です。 だから恋人や夫、妻に愛情がある時には、相手を信じ切って、 なにか気になることがあっても、そんな時もあると 何もせず …

no image

生活保護の不正受給はいつまで続くのか

生活保護の不正受給はいつまで続くのか また生活保護不正受給の話が出てきています。 一体いつまでこんな不正が出てくるのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中間市職員ら5人逮捕へ=生活保護 …

アーカイブ