ビジネス

ベストライセンス社のPPAP商標出願 出願乱発はいいのか?

投稿日:

kousou_building

ベストライセンス社がPPAPの商標を先に
出願していてAVEXに警告書を送ったと
いうことで話題になっています。

先に出願したものがその商標権を得ると
いっても、なんでも流行りになったものを
先に送っておいて、その当事者に警告して
収益を得るという手法。

ちょっと個人的には真っ当なビジネスとは
いえないように思えてしまいます。

もともとその商標を使ってビジネスを
していて、後から譲り受けるために
費用交渉をするのであれば、それは
当然理解できるということになります。

ですが、PPAPって明らかにピコ太郎が
使っているのが国民的に明らかな状態で
絶対に使ってないでしょという状態で出願。

これで認められたら、もう完全に法の抜け穴と
いう状態になってしまいますね。

実際には本当に受理されるのは極めて
少なく、費用も払ってこないということで
却下されて終わりになっているということですが、
もし、認められて、いきなり損害賠償なんて
話になってしまうとありえないリスクを
負うことになってしまいます。

特許庁は対策を取らないのか?

特許超も注意喚起を出したということで
もうこの会社からの出願は本物ではないと
理解していることになるのかなと考えます。

2016年には9000件程度も出願されていたと
いう話もあります。

INSTAGRAMとかマイナンバー検定、
LINE、ユルキャラ等もあるということ。

明らかに異常すぎる行動です。

これで一個人・一企業がすべての
キーワードを取得できてしまって、
本当に利用している企業が使用料を
支払わなければいけない、なんてことが
存在してはいけません。

この行為は特許庁の業務を煩雑にして、
職員の人件費が上がって、結果として
使われる税金が多くなって、国民に
ツケがまわるという話。

非常にばかげた話です。

特定の人からの申請を受けないというのは
なかなか制度上難しいのかもしれませんが、
明らかな異常事態の場合は、〇〇職以上の
判断により拒否できる等の対処くらいは
してもらいたいですよね。

二ッチなビジネスを見つけることは
素晴らしいことのが一般ですが、
この方法は社会的に迷惑なだけです。

大手企業相手だと一蹴されて終わりかも
しれませんが、中小企業だと泣くことに
なっているところもあるのかもしれません。

ベストライセンス社も
こんなことに力を使わないで
もう少しまともなビジネスに移行して
もらいたいところです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

テレフォンオペレーターになるための心得

転職や求職を考えている人であれば、出来るだけ給料や保険の制度が 整った会社に就職したいと願うはずです。 テレフォンオペレーターという職種は最近とても求人が多く、 そして募集している企業は大抵、給料や保 …

no image

FXで利益を出せない人に共通していること

FXというものをご存知でしょうか。 FXは、外国為替証拠金取引の略のことを言います。 つまり、外貨の取引のことを言っているのです。 現在、このFX以上に人気のある資産運用はないと 言っても過言ではない …

no image

買い物代行業は儲かるのか?

もともと個人が事業を行うにあたって、 何か売る商品を持っていれば良いのですが、 実際売る商品、売れる商品が手元にある人は 少ないと思います。 そんな商品がなくても「代行業」であれば できるとして、買い …

no image

不動産売買における手付金の意味

不動産の売買では、契約成立時に買主から売主に対して 「手付金」が支払われる慣習があります。 この手付金は、特別な取り決めが無い限り、「解約手付」となります。 解約手付というのは、契約が履行されるまでの …

no image

電機小売店のショールーム化について

電子書籍端末のkindleの販売をヤマダ電機が 拒否したということが話題になっています。 amazonの販売端末であり、敵に塩を送ることに なってしまうというのがその理由とのことですが、 確かに言われ …

アーカイブ