ビジネス

ベストライセンス社のPPAP商標出願 出願乱発はいいのか?

投稿日:

kousou_building

ベストライセンス社がPPAPの商標を先に
出願していてAVEXに警告書を送ったと
いうことで話題になっています。

先に出願したものがその商標権を得ると
いっても、なんでも流行りになったものを
先に送っておいて、その当事者に警告して
収益を得るという手法。

ちょっと個人的には真っ当なビジネスとは
いえないように思えてしまいます。

もともとその商標を使ってビジネスを
していて、後から譲り受けるために
費用交渉をするのであれば、それは
当然理解できるということになります。

ですが、PPAPって明らかにピコ太郎が
使っているのが国民的に明らかな状態で
絶対に使ってないでしょという状態で出願。

これで認められたら、もう完全に法の抜け穴と
いう状態になってしまいますね。

実際には本当に受理されるのは極めて
少なく、費用も払ってこないということで
却下されて終わりになっているということですが、
もし、認められて、いきなり損害賠償なんて
話になってしまうとありえないリスクを
負うことになってしまいます。

特許庁は対策を取らないのか?

特許超も注意喚起を出したということで
もうこの会社からの出願は本物ではないと
理解していることになるのかなと考えます。

2016年には9000件程度も出願されていたと
いう話もあります。

INSTAGRAMとかマイナンバー検定、
LINE、ユルキャラ等もあるということ。

明らかに異常すぎる行動です。

これで一個人・一企業がすべての
キーワードを取得できてしまって、
本当に利用している企業が使用料を
支払わなければいけない、なんてことが
存在してはいけません。

この行為は特許庁の業務を煩雑にして、
職員の人件費が上がって、結果として
使われる税金が多くなって、国民に
ツケがまわるという話。

非常にばかげた話です。

特定の人からの申請を受けないというのは
なかなか制度上難しいのかもしれませんが、
明らかな異常事態の場合は、〇〇職以上の
判断により拒否できる等の対処くらいは
してもらいたいですよね。

二ッチなビジネスを見つけることは
素晴らしいことのが一般ですが、
この方法は社会的に迷惑なだけです。

大手企業相手だと一蹴されて終わりかも
しれませんが、中小企業だと泣くことに
なっているところもあるのかもしれません。

ベストライセンス社も
こんなことに力を使わないで
もう少しまともなビジネスに移行して
もらいたいところです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

化学品メーカーの営業方法は

化学品メーカーの営業と言うと、一般の単なる営業と どの様な特徴があるのかどうかを説明しましょう。 先ず一般家庭に販売する消費材営業とことなり、お客様は 化学を中心とした会社が相手様になります。 通常自 …

no image

プライバシーマークの規定における重要なポイント

企業のホームページを見ていると、トップページの片隅に「P」と いうマークを見つけることがよくあります。 この「P」というマークは「プライバシーマーク(Pマーク)」と言い、 個人情報に対する適切な保護規 …

no image

東京大学の就職先としてDeNAが大躍進

ウェブ上を検索していたら東京大学の就職先として DeNAが大躍進しているというデータを見つけました。 以下のデータになります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 東京大学 新卒就職先トップ10 …

キリンビールのキリンフリーが売れていない

キリンのビールが売れなくなった本当の 理由なんて記事が出ていました。 キリンビールのキリンフリーといえば かつて話題となったノンアルコールビール。 当時はまだ他にライバル製品も出そろって いなかったの …

no image

忙しいから勉強できないでは一生勉強できない

社会人の人では勉強をしたくても時間がなく 勉強できないという人がとても多いように思います。 正社員でいられるということが幸せであるような 大変な時代、正社員で生き残ることすらが大変な時代と なってきて …

アーカイブ