ビジネス

Amazonで買い物したことはあるか?当然ありますよね?

投稿日:

net_shopping_pc

Amazonで買い物をしたことが
あるのかどうか、これについてTOKYO FMが
リスナー調査をしたそうです。

その結果が
頻繁に買い物している 24.6%
ときどき買い物する 34.4%
何回かは買い物したことある 25.7%
1回も買い物したことない 15.4%
(回答数:448票)

約85%は買い物をしているということで
まあこんな数値くらいかなということで
妥当性があるなと思いました。

そのうち100%に近づいていきそうですよね。

この件についての反応としては
以下のようなものが出ていました。

・・・・・

あまり好きな会社じゃないから、最近は控えている。

値段が同じなら 基本 ヨドバシ(無料で配達時間設定できる)
アマゾンなら アマゾン発送商品

楽天は 後付け糞ポイントなので 本を買うときは まとめて買わず
一回一回に分けて 購入
楽天は特に ポイント分上乗せ価格なので 町を歩いて交渉がいい
イトーヨーカドーの自転車売り場でも 値引き交渉する俺
Amazonは検索エンジンが優秀なので使いやすいし、安いことも多い。
でも、Amazonで物買っても、日本に税金落ちないからな。
これって、安さと便利さに釣られて、日本を売ってることにもなる。
極力、他で買ったほうがいいと思う今日このごろ。
あそこじゃなければ買えないものなんてそんなに無い。

昔は楽天をメインに使ってたけど、いちいちページ開くのが重たくて辟易…
今はAmazonメイン。無ければ楽天って感じ。

4、5年前にはアマゾンで買った話をしていたら
秘境から何で、モノを買うのか分からない女性がたくさんいた。
こっちが驚くって。

離島在住です。本島は地元の実店舗を大事にしたいのだけれど、手に入らない日用品も多くてamazonに頼っているのが実情。例えば、ちゃんとしたキャットフード、オーガニックの食品など。文具やPC周辺機器も地元より3~4割安なので、やはりぐらっときます(苦笑)

便利だけど、その分運送屋さんに負担がかかってるんだよね。

初めて買う物は実店舗で見る。

プライム会員を維持する程のヘビーユーザーですが、月に1~2回迄で留めてます。それでなくとも宅配便のスタッフに顔を覚えられていると言うのに。
Amazonを使う理由は「ワンストップで何でも買える」「手元操作のみで目当ての物が見つかる」「在庫が豊富」「ユーザー評価が多数多岐に渡る」「同プラットホーム上で他サイトとの評価比較が出来る」「すぐ買える」「出掛けず買える」「自宅に届く」「購入履歴管理が追える」と、まぁ数え上げたら切りがありません。
実店舗ではなくAmazonを使う理由は、検索性と在庫数と評価判断が高位だから。楽天ではなくAmazonを使う理由は、検索してリンクを踏んだ後に商品を見る手間が段違いに簡便で見易いから。ヨドバシではなくAmazonを使う理由は、ヨドバシ実店舗が地域に無いから。他の通販サイトではなくAmazonを使う理由は、その通販商品もAmazonで売ってるから。他諸々。

新刊はなるべく書店で買うけど、古本を探すの便利。

Amazonに限らずって感じ。何箇所かみて一番自分に都合が合うとこで買う感じ。Amazonだけに限るとUKやUSも比較するし・・。UKはほんとUSに比べて送料も安く発送もとにかく早いから結構使ってる。
Amazon使った事ないし
今後も使う予定なし

「安い」とか「地元で買えない」とか「重い」とかが基本的に利用の基準。
後は色々な種類の品を同時に必要な時とか店をあちこち探すくらいなら一カ所で買った方が便利。
と言うのもあるでしょう。

昨年のクリスマス・プレゼントにと思って、ガーネット石付きのネックレスを買ったが、箱入りではなく簡素なビニール袋に入っていたのには
がっかりしました。
今後は、もうアマゾンでは買いません。

・・・

このようなコメントが出ていました。
いろいろと問題があったり、運送業者の負担と
いうところはありますが、便利なものは便利なもの。

よりよい形に少しずつ変化して利用者も
増えていくのかなと思います。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

ネットに存在する金儲けの方法

インターネットが流行り出してさまざまな お金儲けの方法が出現しました。 ここでは代表的なものをいくつか紹介しましょう。 <オークション> ヤフーオークションをはじめとする個人間での物の売買です。 片手 …

no image

対面していたつもりがいつの間にか真横に! セールスマン、脅威の心理学

セールスマン業界には、共通の裏マニュアルというものが 流通しています。 初めは対面で座って会話していたつもりがいつのまにか 横に座っていた……などという状況は誰でも体験したことが あるはずです。 これ …

no image

商店街の復興から見る、新しいビジネスモデル

現在の商店街においてはシャッター通りなど、存続が危ぶまれる現状を抱えています。 商店街の経営が苦しくなっているのは付近に大型店舗が増えているという事も ありますが、他にも店主の高齢化が進み、後継者が見 …

no image

飲食店を運営することのリスク

また新しく食中毒が発生したというニュースが 報道されています。 山梨県で仕出し業者の弁当を食べた240人が 食中毒症状を訴えたというものです。 営業停止処分が出されたということでこの 停止処分はもちろ …

no image

資本主義社会を生き抜く方法

今、日本でも貧富の差が大きくなっていると いえます。 社会的弱者が増え続けていることで、資本主義なんて、 こんなシステムは役になっていないと思う人もいるかと 思います。 税金の差があるといっても富の再 …

アーカイブ