エンターテイメント

曲名のような長いバンド名が増加した理由

投稿日:

0-03

曲名のような長いバンド名 なぜ増加?と
いうことでヤフーニュースで出ていました。

「水中、それは苦しい」
「死んだ僕の彼女」
「それでも世界が続くなら」
「忘れらんねえよ」
「SEKAI NO OWARI」
「ゲスの極み乙女。」
「カラスは真っ白」
「コンテンポラリーな生活」
「ヤバイTシャツ屋さん」
「0.8秒と衝撃。」
「テスラは泣かない。」
「溺れたえびの検死報告書」

こう並んでみると有名どころなら
なんとも思わないようになってしまいましたが
初めてみるバンド、あまり聞かないバンドだと
???となってしまいますね。

曲名のようなバンドの先駆けはスピッツ?
なんていってますが、スピッツが曲名とは
思いませんでした・・。

あまり理由がどうとかではなくて
単純に昔はかっこいい英語の組み合わせパターンが
多かったと思いますが、ネタが尽きてきた、
新しいイメージということで自然に出てきた
くらいではないんでしょうか。

バンド名なんて適当に始めたら
それがたまたま売れたというものも
たくさんありますからね。
これに関する反応を見てみますと

・・・・・

どうでもいいけど、ゲスの極み乙女ってゲス乙女じゃなくてゲス極じゃないの?

昔のバンドのような魅力が、全く感じられないわ。

ライトノベルが世の中に浸透したのも一つの原因じゃね?

最初は世界の終わり、だったのに途中から英語表記になったな。
ミッシェルガンエレファントのデビュー曲が世界の終わりだったから変えたのかな?

走りは海砂利水魚だよ。

時代の流れの1つだね
かつてGSやパンタロンが流行ったみたいに笑

スピッツの草野マサムネさんも、スピッツ、ロビンソン、どちらがバンド名でどちらが曲名…?って話をしてたのを、ラジオで聞いたことあります。

そのうち 寿限無みたいになるのかな?

9mm Parabellum BulletとFear, and Loathing in Las Vegasはなかなか覚えれなかった!

間もなく無くなるでしょう

そうすると逆を行くのがロックだよね

ファン層が広がらず、狭い中でのパイの奪い合いになってるからな

今思えばXとかLUNA SEAとかL’Arc-en-Cielとかってバンド名からしてカッコイイよな、どんな曲なのかそれだけで聴きたくなるというか…
まあ、今は緩い時代だから緩いバンド名が流行るんでしょう…

次世代って事でしょ。

名前だけで目立つより、いい歌を出して目立ちましょう。

俺が思うバンド名と音楽が一致しているバンドベストスリー
3位 ブルーハーツ
2位 ローリングストーンズ
1位 クイーン
クイーンなんて、覚えやすく、英語圏以外の子供でも分かって、華麗で、ゴージャスで、オカマで(笑)。
他のバンドが先にこの名前を使っていて、別のバンド名にしていたら、こんなに成功しなかったと思う。

長い名前が流行るのと曲がいいのは別物。
いい歌さえ作れたらバンド名なんてなんでもよい。

日本の場合は短い通称作るから長くてもも問題無い。ドリカムとか。

有名になれば受け入れられる。
無名に近いとダサく言われる。
そのどちらかです。

意味を持ったバンド名を付ける、と言うよりはバンド名に意味を持たせる
どちらも同じ意味だと思うが?

ひと昔前、「ゆず」「コブクロ」「いきものがかり」「ケツメイシ」
あたりが出てきた時も、そこそこ違和感あったけどな。

イマイチパワーを感じないんだよねー。最近の歌は悩み多き良い子の唄って感じで。
俺が若い時は武田鉄矢をディスって付けたバンド名が海綿体だった。

そもそも「end of the World」って「世界の果て」って意味だと思うんだが、何で「オワリ」なの?

一部ではやるだけだし

・・・・・

とこのようなコメントが。
コメントにもありましたが、結局バンド名なんて
なんでもよくて曲がいいか悪いか、それだけですね。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

ポケモンGOをやめた理由って?

若者がポケモンGOから離れた理由と いうのが、記事として出ていました。 そこでは、もうポケモンはやっていないし 友達もやっていない、話題にも 出なくなったとインタビューで回答しています。 ポケモンを探 …

no image

神さまの言うとおり弐のストーリー

神さまの言うとおりの弐についてですが 今週で2話目の話がありました。 だるまの話でストーリーは登場人物等若干違いますが ここまでの流れは別冊マガジンで連載していた 「神さまの言うとおり」と全く一緒です …

no image

神さまの言うとおり弐 ゼロ・コネクト

今週もマガジン発売日がやってきて 神さまの言うとおり弐の進展がありましたね。 主人公の明石が掴んだ必勝の法則は なんだったんだろう?と気になるところでしたが 今週号の発売するその前から、明石と丑三の2 …

Wii U、日本国内生産終了 ハード切り替えが早すぎ?スイッチ準備?

任天堂がWii Uの日本国内の生産を 終了させるということを発表しました。 もうあまり販売が芳しくないというような 情報はありましたし、次にスイッチが待っているので 当然といえば当然なのかもしれません …

no image

ラクゴモンの感想 ジョーの運命

週刊少年マガジンで連載中のラクゴモンについての 感想です。 どうしてもこの漫画は打ち切り感が凄いというか 微妙な空気が漂っています。 前回の「花形」の方が良かったようにも。 少年漫画で落語は相当うまく …

アーカイブ