健康

太っているのは恥と責めるとダメ?本人の問題が大きいのでは?

投稿日:

waist_man_fat

太っているのは恥だと責めては
いけない・・・こんな内容の記事が
ヤフーニュースで出ていました。

太っていると相手を責めてしまうと
頑張ろうと思うのではなく、
つらいと思ってかえってやけ食いに
走って病気になってしまうということです。

こんなの本当なんでしょうか?

海外の研究ということになるそうですが
海外の肥満大国であったり、文化上で
そういうことがあるのかもしれませんが、
日本で太っているねと言われて
やけ食いに走るなんてことがありますか?

結局、その人次第が気がしますし、
一部を除いて大半は本人の食生活の
問題であって、責めてはいけない、
では責めなかったら改善するのかと
いうと一生そのままの気がします。

言ってはいけないのでしたら
一体どうしろというのでしょうか?

この件についての反応も見てみました。

・・・・・・

とはいえ、黙ってほっといても食べるでしょ、あの人達。救いようがないことがわかったから、ほっとくけど。

責める前にデブ自体健康に問題じゃねえか。

メタボレベルまで太った人は、元々メンタル弱いから不健康に太ってるだけで、責められて余計食べます、は元々食べるの好きなだけ。好きなことに逃げる現実逃避なだけ。褒めたら健康になるのかなー?
遺伝的な人ならともかく。
研究発表するほどのことでも無い。
てっきり責める側が不健康になる研究家と思った。痩せること意識すぎて栄養が足りなくなって骨粗しょう症だのイライラだの。

逆に責めもせず、大丈夫じゃない?みたいに言ってた友達くそ太ってて悲しい

やっぱ自分自身がこのままじゃダメって気ずかなきゃだめってことだよ。

なんか何にでも当てはまりそうな記事だな
ハゲにハゲって言ったらストレスでさらにハゲそうだし…笑

だからなんだよ?

責めることで改善される事はほぼ無い。

太っているのは本人の責任とばかり言いきれないと思うが。

太っている本人が、重い病気にならなければ、改善しようとは思わない。病気になって、初めて健康の有り難さを知る。

ぽっちゃりの方々に何だかんだ言うのは楽だと思う。
でも、体重別の階級があるスポーツをやるためとか
目的があって増量した体にまで話題にするのはどうかな。
健康問題も気になるけど、そんな方々も居るのよね。

でも結局注意しなければ益々肥満になるのではないかな。
そもそも自己管理が出来る人なら太らないわけだし。自己管理が出来ない人には注意せずに放っておけということか!?

デブは甘え

そう。やたらと太ってる人を愚弄するやつがいるよね。確かに太りすぎは生活習慣病の元だろうけど、逆に愚弄するやつは『そんなに痩せてるのが偉いのか?』と。特に梅宮アンナ…お前だよ、クソビッチ!!

そもそもストレスを解消するのに暴食してしまったりするので太ってる事を指摘しても悪化するだけ

長期的に見れば、肥満は健康に悪い。

主人が178㌢65㌔。主人のお父さんもお母さんも太り気味で、弟二人は100㌔近いです。お父さんに至っては糖尿病を患い、亡くなる前糖尿の薬がアダとなり投薬出来ずガンで亡くなりました。
お父さんが糖尿病になるという事は?と考え主人は体型維持に努めてますが、病気になってから気づくのは遅いんですよね。

結局「太るは遺伝?」に繋がる話って、生活習慣とそれに気が付かない周りの環境かな?と思います。
本当に心配して言っているならまだいいですが、
誰だってどんな言葉でも
悪意を持って罵られれば、
口でも文章でもドキッとして苦しくなり、怯えてしまいますよね。
いつも馬鹿にされていれば、心も体にもよくないのは当然でしょう。

人は慣れで耐えられるようになることもできますが、本来本能的なものです。
特に女性は、実は男性の大声にも敏感ですね。
ライオンや熊に吠えつけられて怖くない人はなかなかいないでしょう。
男性にも、犬の声や雷でさえ怖いという人もいますしね。
やたら人を罵って大きな気になるということは、自分が獣であるということ、マウンティングしたいという気持ちを丸裸で丸出しにしているということです。
・・・・・

このようにいろいろな意見が出てはいますが
結局どうしろという話ですね。

言っては逆効果。だから放置していたら
病気になりました。

これでは話にならず、まだ責めて無理やりでも
痩せさせておいた方が良かったなんて
ことになりかねません。

さらに解決するにはどうしたらいいのかという
研究・結果を出してほしいですね。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

空腹時の有酸素運動は効果が高い

ダイエットをして痩せたいということで 一生懸命運動をしている人もいるかと 思いますが、有酸素運動で痩せやすい時間帯と 痩せにくい時間帯があることを知っていますか? 脂肪の燃焼効率がそのときによって違っ …

no image

健康で、長生きしたければ、嘘を減らす事、米ノートルダム大学の衝撃の実験

健康の為には、果物や野菜を食べ、定期的に運動をし、 できるだけ嘘をつかないようにするとよい。 そんな、衝撃の結果が、米ノートルダム大学心理学教授の Anita Kelly氏らの研究で明らかになったそう …

no image

グルテンフリーダイエットで痩せる

数あるダイエット法のなかで、最近かなり注目されている方法を紹介します。 グルテンフリーダイエットです。 グルテンとは炭水化物に多く含まれている成分で、大量に 摂取しすぎると、カロリーオーバーを起こしや …

no image

乾燥肌を防ぐL_アスコルビン酸リン酸マグネシウム

乾燥肌、敏感肌を防ぐ第一歩は、保湿を中心とした スキンケアです。 そこで、L_アスコルビン酸リン酸マグネシウム塩という 持続活性型ビタミンCを使用した美容クリームがオススメです。 このビタミンCの最大 …

no image

乾燥肌対策 化粧水

お肌の乾燥対策と言えば保湿です。特に冬になると お肌がカピカピになってしまい、本当に困ってしまいます。 そんな時の私の対策方法は、化粧水でのたっぷり保湿です。 当たり前の事なんですが、たっぷりとしっか …

アーカイブ