エンターテイメント

なんでも鑑定団の国宝級鑑定がノーコメントに

投稿日:

なんでも鑑定団で国宝級と
鑑定され2500万円の鑑定額がついた
茶碗のその後の動きが怪しくなっている
ようです。

保有者からは急にノーコメントに
なって非協力になったということ。

おそらく番組終了後に贋作であることが
判明したとか、何かそういった事情が
あるのではないでしょうか?

マスコミと関わりたくないというところも
あるのかもしれませんが、番組に
出演までしていて、急に取りやめと
なると何か怪しい感じがしないでも
ないです。

最もその番組を見ている人もほとんどが
素人なわけですし、エンターテイメントとして
番組が終わればその後は本当は
どうでもいいわけなんですけどね。

明らかに贋作を国宝級と放送して
しまった等であれば、番組としても
まずいことになるのでしょう。

詳細は明らかにされているわけでは
ないので、個人的なことを言ったまでで
証拠は現時点では何もありません。
この件に関する反応を拾ってみました。

・・・・・・

2500万?1億??
それって、スンゴク丈夫で水が勝手に湧いて来るような器なの?壊れないの?
う~~~ん・・・価値の解らないオラだから100均の茶碗でもお茶呑めるけど!壊れたら、また買えば良いし~(笑
(安上がりな個人の主張です・・・)

真相究明せなやろ…石坂さん干したり、鑑定ハッキリさせんやったり災厄のシナリオばい…なんでも鑑定団なのに…なんでも鑑定しないじゃん…ダジャレ旨

中島誠之助さんが間違ったか、またはそうテレビ東京のプロデューサーに言わせられたのか? 石坂浩二を干して辞めさせた番組だからいい加減なのか? マジで中島氏が国宝級と思ったなら彼の鑑定眼は疑わしい物となるか?

ラーメンのドンブリにしたらいいんじゃない。繁盛して2500万位稼げるかもよ。

美術館にある耀変天目を見てみたい、

鑑定者を鑑定したら。

もし石坂さんが居たら、
「一度、予備鑑定をどなたかに御願いしたらよいのでは」
という意見が絶対出たと思う。
中島さんも、
石坂さんの意見であれば聞き入れざるを得ないと
思うし。

再鑑定で偽物となっても、中島さんの評価が落ちるわけではない。
むしろ再鑑定しない方が評価が落ちると思われます。

所有者としては夢が無くなるので
グレーなままにさせておいて欲しいってところだろうか。

見てなかったんだけど、ようするに、鑑定士のミスだったんですか?

実際 この値で売買された訳やないし あくまでもバラエティだと思えば、そんなに目くじらを立てて第三者が騒ぐ事ではない。
以前、チャリティーで彼自身が描いた絵が出品されたことがあり、その不出来に愕然とした。

持ち主の心情を慮ることもなく、ニセモノですねと、勢いがないですね、と追い打ちをかけていう彼の評に、違和感を感じていた。
わからないということは本当にないのだろうか。

おそらく彼の評によってニセモノの烙印を押されたホンモノは少なくはないと思う。であるとするなら、こちらの損失のほうがよほど大きい・・

鑑定団側から、何らかの“圧力”があったんじゃないか。公に“まがい物”と正式に判明し発表されたら、鑑定した中島氏の権威、番組の信頼性に関わるからな。

これまで本物なのに二束三文の評価をされたものもあるだろうね。

テレビ、テレビ。所詮テレビは作り事。フィクションです。そんなに目くじらたてるなって。

所詮バラエティだと思って見てないと。
骨董なんて人がいいと言わなければ、
ただの古いものでしかないのだから。

中島は怪しいということか。それにしても事前に送付して十分な検討をしてから番組で発表しているはずなりに専門家から疑問が出るというのは番組の鑑定に対する姿勢がいい加減であるということかな。

・・・・・

こういったコメントが出ていました。
結局エンターテイメントとして見ている方は
あまり深入りしない方がいいってことですかね。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

進撃の巨人 11巻 発売日

進撃の巨人10巻が発売されましたね。 相変わらずの衝撃の展開。 このくらいの巻数になってくると話がダレてきたり する漫画も多い中、この進撃の巨人に関しては 謎は深まり、また新たな展開が起こり続けながら …

インサイドヘッドの感想 DVDレンタルしました

DVDレンタルなので今更という話には なるかもしれませんが、 「インサイドヘッド」を借りてきて見てみました。 インサイド・ヘッド MovieNEX [ エイミー・ポーラー ] インサイドヘッドというこ …

no image

ラクゴモンの感想 ジョーの運命

週刊少年マガジンで連載中のラクゴモンについての 感想です。 どうしてもこの漫画は打ち切り感が凄いというか 微妙な空気が漂っています。 前回の「花形」の方が良かったようにも。 少年漫画で落語は相当うまく …

IPPONグランプリ バカリズムが面白い。凄さ・レベルの高さが気になる

IPPONグランプリが始まりました。 2009年からフジテレビで不定期で始まるこの IPPONグランプリ。 細かい点数は関係なくて10人がOK、面白いと した場合のIPPON(一本)のみがカウントとい …

no image

ピグライフに飽きる?

アメーバピグ中毒という話は以前に書きましたが それでもちょっとピグライフに飽きてきているような 気がしてきました。 今はみんな限定クエストのみ。 普通のクエストはとっくに終わってしまっています。 限定 …

アーカイブ