健康

食事を残す勇気 出てくるものをそのまま食べると肥満に

投稿日:

日本人はもっと食事を残す勇気を
もってもいいというような記事が出ていました。

給食等であれば最初から量が調整されて
出てきますが、外食の場合は出てくる量が
多すぎて、そのまま全部食べてしまうと
食べ過ぎで疲労を生み出したり、老化を
早めてしまうということ。

確かに日本では出たものは残さないで
食べるのが良いとされる雰囲気があります。
だから出てきたものは無理してでも
食べてしまって肥満になるということ?

本当にそうなのでしょうか。
外食であればそういったメニューは
頻繁に頼まなければいいですし、
あらかじめご飯少な目にするとか
注文時に気をつけておけばいいんです。

途中でお腹いっぱいになってしまった場合は
仕方がないのかもしれませんが、
最初から注意すれば起こらないことで
無理して無理やり食べている人なんて
そんなに多くないのでは?とも
思ってしまいます。

この件についての反応を見てみますと

・・・・・・

言われなくても多かったら普通にみんな残してるわ

最近の松屋が朝食セットで
「ごはん少なめ」を選べるようにするなど
大手業界でも対策が出てる

障害は高度成長を経験した世代、
「お母さん、お父さんの世代はね、
出されたものは全て食べなきゃ
いけなかったのよ!
あんたたち、世界で餓死する子がどれだけ
いると思ってるの、
残すなんて甘えたこと言うんじゃないよ!」
とかいう老害どもをどう社会的に排除して
いくかだろうな
こういう連中、かなり存在するだけに困る

必要なのは食べ物を残すことではなくて、適量をオーダーする工夫では。

残す勇気よりも自分手食べることのできる量を正しく知ることが必要。

食いきれないほどの料理・ツマミを準備するバカな主催者を、勇気をもって殴り倒せ!

食べる物も食べられないで、ひもじい暮らしをしている人もいるのに、こんなくだらない話しを真剣に書くのが誰の為になるのかわからん
。イギリスで行われている廃棄食品を減らす為の取り組みとか勉強しなさい。日本も勿論、その点で努力してる事は常識だろう。

残したら持ち帰る勇気を持て。

勇気は必要ないけど、人に押し付けない事ですかね。
小食の人も大食の人もいると。
で、小食もただの小食じゃなくて、病気で小食の人がいる。
そういう人に、食べられる分だけ頼め、なんていう
「一般的ルール」を押し付けると、
その人は永遠に一種類のものしか食べれられない。
これはもう大変お気の毒だと思います。
健康体の人は、一般的な誰も疑わないルールを
守ってもいいと思う。食べられる分だけ、バイキングなどで取り、
なるべく残さないなどのね。
資源は豊富じゃないから。我々が死んだあと、この世で食べられないモノ。。というモノも存在するかもしれないので。
でも、一般的なルールを、万人に当てはめようとするのは
間違いです。
残す勇気。。というのは、いわゆる、健康体でない、病気の方には当てはまるルールかもしれません。
こういう方たちだって、色んな物をチョコチョコ食べて味わいたい時が
あると思うのだ。

あほか!
会社の若い奴も居酒屋で注文を任せると、食べきれないほどの注文をする。食うなとは言わん。注文したものは残さず食べろ。足りなければ、その都度、追加していい。これだけのことだろ?

消費期限を1分でも過ぎれば弁当を廃棄するようなことが平気で行われているというのに、「食事を残す勇気」って…
そんな勇気なんか持つ必要など一切ない。

何が言いたいのか、何を問題提起したいのか全く分からん雑な記事だな

「残す勇気」より「持ち帰る勇気」だな

残す勇気なんて持たなくていいです。作りすぎない勇気と注文しすぎない勇気を持ってください

・・・・・

こんなコメントが出ていました。
人によって意見は分かれますし、
持ち帰る勇気といっても、それで食中毒が出たらと
いうところもありますし、そううまくはいかないかも
しれません。

必要なのは適量を注文すること、ですね。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

鼻の中の乾燥

毎冬鼻の中の乾燥に悩まされる人は少なくないでしょう。 痛さを伴った不快感や鼻をかむたびにティッシュに 血がにじむといったことをはじめ、本来水分によって 異物を吸着し外に押し戻すという鼻粘膜の免疫作用が …

no image

便活ダイエットで痩せる!

便活ダイエット、このようなダイエットも存在します。 中身は名前のとおり、便秘を改善することで腸内環境を よくして、体質改善をしていくというものになります。 確かに便秘になっていて良いことはありませんし …

no image

足の疲れをとるマッサージ

日本人が一日で歩く平均の歩数を統計した調査によると男性では7千歩近く、 女性では6千歩近く歩いていることがわかっています。 毎日の生活で知らず知らずに酷使している足ですが、 疲れがたまってきてこったり …

no image

体を中からメンテナンスできる「半日断食」

忘年会・お正月に続き、新年会等で体重増加された方、 胃腸が何となく弱っていると感じる方が多いのではないでしょうか。 また寒さも加わり、体中の血の巡りも滞っている状態かもしれません。 増加した体重を元に …

no image

乾燥肌とフケについて

冬場になると、白い雪のようなフケに悩まされている方は、意外に多いそうです。 これは、乾燥肌によるフケかもしれません。 典型的な症状としては、手やブラシで髪をとくと、白い雪や白い粉の ようなフケがハラハ …

アーカイブ