ビジネス

新卒の就職活動開始!就活ドラフトで紹介を受けてみませんか?

投稿日:

就職活動がついにスタートと
いうことでニュース報道がされていました。

新卒就職を狙うみなさんは
もうどこの企業、どこの業界を
狙っていくか等決まっていますでしょうか?

普通にリクナビに登録して就職活動を
進めていくというのは大事なことですし
行わなければいけないものですが、
ああいったサービスは自ら企業を
探して応募して自分でアプローチしていくと
いうものになります。

それとは別でキャリアコンサルタントに
会社を紹介してもらえるサービスというのが
存在します。

それが就活ドラフトというところになります。

就活ドラフトとは?




就活ドラフトは自らの応募型と違って、
就活ドラフトにいるキャリアコンサルタントから
紹介してもらえるというサービス。

新卒だとこういうサービスは珍しいですが、
転職の市場では結構当たり前にありますよね。

この方が一般の募集と違って、間に人が
入っているので、面接等の選考が
進めやすいということ。

企業側からしても、間が入って紹介されるものに
なるので、全くでたらめな状態の人がくるわけでは
ないということでお互いにメリットがあるような
ものになります。

中途採用であれば、社会人経験があるので
ある程度の流れはわかっているというところが
あるかもしれませんが、新卒だと、どういう道に
いけばいいのか、何を話すべきなのかも
イマイチという人が多いでしょう。

むしろわかっているのが珍しいくらいです。
就活ドラフトのようなサービスを利用して
キャリアコンサルタントに相談してみるのも
いいかと思います。

就活ドラフトの強みは?

就活ドラフトのサービスはどういったところが
強いのかというところを調べてみると、
スポーツ経験者系が強いようです。

もちろんスポーツ業界に就職するというわけでは
なくて、スポーツを経験している人が企業に
就職するのをサポートするのが得意ということ。

もし体育会出身者なら超有利に。
そうでなくてもサークル等でもスポーツを
やっているなら話があうかと思われます。

あくまでスポーツ系の人に強みがあると
いうだけで応募に関しては、特に
制限があるわけではありません。

サークルでこんなすごい経験をしていた!
他にも何か特別な経験をしていると
いう人もいいと思います。

何もそこまでのものがないという人も
何か経験がある人と比べると難易度は
高くなるでしょうけど、挑戦しなければ
何も始まりません。

こういったサービスを積極的に利用するのか、
それとも臆してしまって、応募せずに
ただ機会を逃してしまうのか。

まずは応募してみても
いいのではないでしょうか。

内定獲得まで無料サポート【就活ドラフト】はこちら

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

自分でやった方が早い病についての議論

  自分でやった方が早い病という本が以前発売されたことも あり、この内容についての議論が出ています。 要は30代の新人リーダーあたりになると できの悪い部下に仕事を任せずに 「自分でやった方 …

no image

電機小売店のショールーム化について

電子書籍端末のkindleの販売をヤマダ電機が 拒否したということが話題になっています。 amazonの販売端末であり、敵に塩を送ることに なってしまうというのがその理由とのことですが、 確かに言われ …

no image

大企業で働く大変さとは

現在、就職氷河期により、職に就く大変さをよく耳にすると思います。 その中の一つの多くの若い人が3年以内に大企業であるにもかかわらず 退職するという事態が目立っています。 なぜこのような事態が行っている …

no image

東京大学の就職先としてDeNAが大躍進

ウェブ上を検索していたら東京大学の就職先として DeNAが大躍進しているというデータを見つけました。 以下のデータになります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 東京大学 新卒就職先トップ10 …

no image

ヤフーオークション補償が未着の場合のみに変更されています

ヤフーオークションの補償制度が未着の場合のみに 変更されていることに気づきました。 今ヤフーオークションの福袋での詐欺で騒ぎが 起こっているので、現在の補償制度がどうなっているのかに ついて調べてみる …

アーカイブ