雑記

赤本の買取をするにはどこを利用するのがいい?

投稿日:

受験も無事終わったし、
赤本や参考書、問題集を処分したい!と
考えている方、ただ捨てるだけだと
実はもったいないことになるんです。

その赤本、参考書、問題集は売ることが
できるんです。

漫画や専門書等と違って受験ものだと
毎年新しいのが出るのでしょうし、
価値はないのかなと思ったりもするかと
思いますが、欲しい人は欲しいということに
なるんですね。

特に翌年受験の人からしたらそんなに
内容が変わるものでもありませんし、
新年度版が出る前に過去のものを使って
勉強してみたい、
有名講師のものをいち早く読んでおきたい、
等いろいろな需要があるものなんですね。

赤本は新しいものが出るのは結構時間がかかりますし、
高いので、本気の1~2校以外はとりあえず古本で
安く、なんて考えもあるかもしれません。

ブックオフで売ればいいの?

古本の買取といえば一番有名なのは
ブックオフでしょうか。
(近くにない人は代わりの大手古本屋を
想像してみてください)

ブックオフにもっていけば大抵のものは
買取してくれると思います。

でも、ブックオフの場合、陳列している
商品を見てみますと、やっぱり漫画が多い
ですし、本もエンタテイメント方面に強いのかなと
いう感じはありますよね。

大規模にお店を展開していくなら
売れる商品を仕入れるのが当たり前。
そういったお店にとって、赤本や参考書、問題集と
なってくると、もしかすると、価値は低く
見られてしまう可能性もあるかも
しれません。

一応ブックオフを見ても、問題集とか赤本等の勉強ものは
置いてはありますが、あまりあの場所で赤本を買っていくと
いう人は多くないのかなとも思われます。

私としては、ブックオフにもっていくのでは
なく、ネット上から赤本等の専門店に
買取依頼をすることをおすすめしたいと
思います。

おすすめの赤本買取業者




赤本、参考書等の専門書買取となると
おすすめしたいところとして
「学参プラザ」というところがあります。

みなさまのお使いになった
参考書・問題集・テキストを
高価買取しています!ということを
うたっている、まさに赤本関連の
専門店ということになります。

やっぱりなんでも買い取りますというよりは
参考書・問題集・テキストということで
専門性を高くうたっているところの方が
信頼度としては高くなりますよね。

実際に買取の実績例というのも
写真付で掲載されていますので
どのくらいのものを出せばいくらくらいに
なるのかなというのもなんとなく
わかるかと思いいます。

専門店だからこそ価値も詳細にわかってくれると
いうことになるでしょうし、業者側も販売する際に
通常の古本屋ではありえない、専門的な
ラインナップを用意することができるというわけです。

ネットで申し込んで郵送で査定依頼するので
人件費も削減できるでしょうし、その分
買取価格のアップも期待できることに
なりますね。

20冊以上で送料無料に

ネットで依頼して査定となると
気になるのが送料。送料分を考えると
あまりお得にならなかったというのは
避けたいところ。

学参プラザであれば、20冊以上は
送料無料となっています。
20冊くらいであれば受験シーズンを
乗り越えた状態であればありますよね。

予備校テキスト等も送ってOKです。

なんだか処分するのはもったいない・・
なんて思っている参考書もあるかも
しれません。ですが、経験者から
言わせてもらうと、絶対にいらなくなります。

また新しい本を次々と買うことになって
受験の本なんて、二度と見ることはありません。

なるべく多くの本をまとめて買取査定に
出す。これが高価買取のポイントに
なりますね。

普通の古本屋と比べても専門店と
いうことで情報が豊富にありますし
検討してみる価値はあるかと思います。

学参プラザは是非一度チェックしてみてください。

学参プラザはこちら

 

 

 

 

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

地球滅亡ブーム

2012年もマヤ暦の滅亡論がありましたけど 結局何も起きず、まあそんなことだろうとほとんどの 日本人はそう思っていたと思いますが、まだまだ 地球滅亡の予言は続くようです。 2015年9月 マヤ暦の終り …

no image

一週間の料理献立を楽しく正しくたてよう

主婦が一週間の献立を考えるのは、案外難しいものです。 家族の好きなものを取り入れながらも、栄養には 配慮しなくてはなりません。 好き嫌いのない夫婦二人分ならそう苦労もないですが、 三世帯同居ともなると …

no image

クレジットカードの利点と落とし穴

大人であれば誰でも一人一枚くらいはクレジットカードを持っていると思います。 クレジットのカードなんて、誰が考えたのか便利な時代になりました。 ご老人の方々に話を聞くと「月賦の事か?」などと言う人がいま …

no image

Facebookの日本での問題

日本でもコミュニケーションツールとして twitter、そしてfacbookが普及してきました。 これはどちらが使いやすいのでしょうか? どちらかというとtwitterは一過性のコミュニケーションとも …

no image

カタログギフトの実用性

最近、冠婚葬祭やお歳暮、お中元にカタログギフトが利用されることが 増えてきています。カタログギフトというのは、まず贈る人がギフトの 予算を決め、予算に応じた商品がラインナップされたカタログを 受け取る …

アーカイブ