ビジネス

youtuberで生きていくことってできるの?

投稿日:

youtuberが子どもの中で人気の
職業になっているという話は
少し前から出てきていますよね。

確かに私としても以前よりも
youtubeを見る機会は
増えてきたと思います。
(youtuberの番組を見ることは
あまりありませんが・・・)

そこで今youtuberで生きていくと
いうことはどれだけの難易度なのかに
ついてざっくりと調べてみることにしました。

ヒカキンさんを考えてはいけない

youtuberで有名なのはヒカキンさん。
当然収入も数億円~はあるかと
考えられます。

でも、この人を基準として考えてしまうと
いけません。ヒカキンさんはyoutuberの
第一人者で特別な地位にあるTOPの人。

どんな職業だって頂点の人は
特別な給料をもらうに決まっています。
サラリーマンだって頂点は社長ですが
全員がなるなんてとんでもないということ。
この人を基準にしてはいけないんです。

そうではない、一般の人がどれくらい
稼ぐことができるのでしょうか?

今は昔と違う相場も下がってきて
youtubeの1再生あたりの収入が
0.1円なんて言われています。

100万回再生して10万円ということ。
月に10本(そんなにネタが作れるのか?)
あげて、100万再生の人で月100万円。
月5本なら50万円です。

結構厳しい感じがします。

ねこてんさんを見てみると

youtuberの女性の方でねこてんさんと
いう方がいます。

何故この人の名前を挙げたかといいますと
田舎で貧乏暮らしができるくらいの
収入をもらっていると明言したことが
あるからです。

tubertownというサイトに書いてある情報に
よると
獲得金額 1059万 年収488万円
なんてことが書いてありました。

あくまで想像ですし、人気・再生回数は
変動するものですが、普通のサラリーマン程度の
生活はできていることがわかります。

このねこてんさんの再生回数ランキングを
見てみると 379位にいました。
登録者数としては89位です。

これを見てどうでしょうか?

半分が企業チャンネルだったり
複数チャンネルだっだとすると
ざっくり上位200人に入って
サラリーマン程度の収入ということです。

youtuberになる難易度

この状況を考えてみてどうでしょうか?
かなり恐ろしい世界だと思いませんか?

上位200人くらいに入らないとまず
食べていけないとして、その中には
芸能人・お笑い芸人・モデル等も
含まれているわけです。

更にしたにJリーグ公式チャンネルが
あったり、K-1チャンネルがあったり、
レコード会社のチャンネルがあったりします。

たった1人で、こういった有名企業クラスの
チャンネルを超えるレベルの再生回数を
出せなくてはいけないんです。

見えているのは一部の頂点だけで
実際になって生活していける確率は
限りなくゼロに近いものになりますね。

ちなみに比較対象としてプロ野球選手は
何人いるのかといいますと900人程度
いるそうです。プロ野球選手になるより
難しいことがわかります。

勉強でいうと東京大学に入れる人数なんて
1学年3000人もいたりします。
卒業生を含めると30万人弱いるようです。

大変のレベルの桁が違いますね。
youtuberを目指すのは自由ですが、
実際の難易度はこういうレベルに
あるということ。
そしてこれから競争はさらに激しくなる
一方であるということ。

将来的にこの職業が存在するかどうかも
わかりませんし、年を取ったときに
できる職業ではないかもしれないということ。

こういった現実を考えた上で
挑戦するのかどうかを考えた方が
いいかもしれません。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

やはりmixiは迷走しているのか?

本日もmixiについて迷走mixi、SNS再編の火種というような 内容が報道されていたりします。 参考) 迷走ミクシィ、SNS再編の火種 業績低迷、ユーザー停滞…消えない噂 http://headli …

no image

ブログでホントに稼げるのか?という話題がヤフーニュースに

ブログで本当に稼げるのか?というような話題が ヤフーニュースとしてTOPに上がっていました。 ブログでホントに稼げるのか? Publickeyの「挑戦」が話題 http://headlines.yah …

no image

化学品メーカーの営業方法は

化学品メーカーの営業と言うと、一般の単なる営業と どの様な特徴があるのかどうかを説明しましょう。 先ず一般家庭に販売する消費材営業とことなり、お客様は 化学を中心とした会社が相手様になります。 通常自 …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

no image

儲かる専門職は?

儲かる専門職は何か?という内容での検索が ありました。 今の時代、儲かる専門職と一概に言えるような ものは少なくなっているのではないでしょうか。 昔はすぐ医者、弁護士という言葉が出てきたように 思いま …

カテゴリ

アーカイブ