英語・英会話

ハイネイティブトレックというスマホ英語学習サービスが面白そう

投稿日:



英語の勉強法として何かいいものがないかな?と探していて出てきたのがスマホ時代の本格的英語学習サービスHiNative Trek(ハイネイティブトレック)。

新しいサービスということですが、面白そうな英語学習サービスになりますのでここで紹介させていただきます。

英語の学習法というのもどんどん進化していくということを感じますね。

【 HiNative Trek 】はこちら

ハイネイティブトレックとは


このハイネイティブトレック(HiNative Trek)。今までの英語学習法と何が違うかといいますと、スマホを利用した学習法ということ。

スマホで英語を聴くというだけの教材なら既にたくさんあるかと思います。極端な話、youtubeで英語を聴いてもいいわけですし、それだけでは教材としては目新しさはありません。

でも、このハイネイティブトレックが違うところは、スマホを利用しながらも双方向で英語学習ができるところ。

毎朝課題が届いて、そこに対して英作文と音声を投稿。それに対して、模範解答が届き、個別にフィードバックも得られるという仕組みになっています。

回答でわからないこともあれば、個別に先生に聞くこともできる仕組みです。

これだと、ただ英語を聴くというだけではなく、自分で回答をしなければいけないので、アウトプットもきちんとできるので英語が身につきやすくなると思うんですね。

英作文だけでなく、スマホを利用して音声も送るというのが新しいところです。

料金について

ハイネイティブトレックの料金を見てみますと、月額の支払いで月々9800円ということ。
年間分を支払うとなると98000円になります。

さすがにいきなり1年間分を支払うのは勇気がいるものになるので、最初は月額で払ってというところですかね。

正直にいって、料金として、割りと高めかなあという感じはしました。1日コーヒー1杯の価格というところで凄く高いというわけではありませんが、安いとも言えない価格なのかなと思います。

アメリカ人講師を使っているので、コストは割高になっているのかもしれません。
よくオンライン英会話であれば、かなり割安で英語の勉強ができたりします。

でも、それは相手がアメリカ人ではなく、フィリピン人であって、現地からのスカイプでつないでいるからこそ、安くできるというものです。

それはそれで悪い話ではありませんが、よりビジネス用途となってくると、ハイネイティブトレックのようなサービスの方が適してくるかもしれません。

双方向ではあるものの、リアルタイムではないというところはデメリットです。ただ、ビジネスで使われる英語に特化されているというところで、ビジネス用途で実際に話せるアウトプットをしていきたいという人にとっては良いサービスかもしれません。

アウトプットの機会が英語を上達させる

日本人が英語が苦手としていること、いつまで勉強しても英語が話せるようにならないのは、圧倒的にアウトプットの機会が不足しているからと言われています。

詰め込み型の勉強で学生時代を過ごし、そしてTOEIC等でも結局は試験勉強。
これでは聞いたことがわかっても、自分自身で話すことができない。

アウトプットができないので、ビジネスの現場では役に立たないことになってしまいます。

ハイネイティブトレックはアウトプット重視でトレーニングができますし、スマホなのでいつでもできる、気軽にできるという点ではかなりメリットがあるサービスになるでしょう。

これだけで英語が完璧になるというようなサービスではないということはハイネイティブトレック側も認めていますし、トレーニングの一種としてやっていくというような考えでいいと思います。

英語の勉強で読み書きはできる、比較的得意という人でも話すことになると苦手という人は非常に多いかと思います。
そういった方のアウトプットトレーニングとしては非常に優れたものになるはずです。

今までの英語勉強法でしっくりこなかった、新たな勉強を探しているという方は考えてみても良いのではないでしょうか。

【 HiNative Trek 】はこちら

adsense

adsense

-英語・英会話

執筆者:

関連記事

no image

CNN student newsでの勉強を継続中

CNN student newsでの勉強ですが、現在も継続して 続けています。 政治関連の話で、 Medicaidメディケード 《低額所得者のための国民医療保障(制度)》. cripple 身体障害者 …

プライムイングリッシュの口コミはどう?英会話教材の実力は?

英語を話せるようになりたいという思いは誰もが持っていますが、なかなか話せるようにならないというもの。学校の勉強の延長だけではどうしようもないというような話はよく聞きます。 やはり何らかの英会話教材を使 …

no image

日常的に英語を使う場所ができればいいのに

日本人は英語が苦手という人が本当に多いです。 自分も苦手でした。今はかなり話せるようになって きてはいますが、それでもまだまだですし、 レベルの維持すら難しいように感じます。 日常的に英語を使う場所が …

no image

企業が求めるTOEICの点数が上がっている?

企業が求めるTOEICの点数について 掲載してある記事を見つけました。 以前に比べてずいぶんと基準が高くなったように 思えます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 900点 松下電器( …

no image

アメリカ人いらつく言葉、「どうでもいい=whatever」が4年連続1位

アメリカ人いらつく言葉は「どうでもいい=whatever」が 4年連続1位となったそうです。 出典元 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJ …

アーカイブ