健康 子供

ブリアンの歯磨き粉は怪しいの?その評判を探ってみて

投稿日:

子どもの虫歯というのは本当に気をつけておきたいところです。
大人の場合、ある意味自己責任というところはありますが、子どもが適切な歯磨きができていなくて虫歯になってしまうというのは大人の責任ともいえますよね。

子どもの歯磨きをきちんと指導しているつもりでも、それでも虫歯ができる人はできてしまいます。磨き残しがあって磨き方が足りないのか、それとももともとそういう体質なのか、一生懸命頑張っても上手くいかないということもあるものです。

そんな子どもの歯磨き、虫歯予防対策として話題になっている商品として「ブリアン」というものがあります。
BLIS M18という善玉菌によって、虫歯になりにくい状態をつくってくれます。歯磨き粉の代わりに使うだけでいい、通常の歯磨き粉の成分と違って、虫歯になりにくい子どもにしてくれるという優れものの商品なんです。

このブリアン、名前は聞いていても、よくわからない、怪しいというような声も出ていますので、詳細を見ていきたいと思います。

→ブリアンの詳細はこちら

BLIS M18とはどんな成分?

ブリアンの最大の特徴とされる成分が「BLIS M18」と呼ばれるものです。
このBLIS M18とはどういうものなのかということですが、ニュージーランドで虫歯になりづらい人の研究から発見した善玉菌とされています。

このBLIS M18が虫歯菌のエサとなる歯垢を取り除いてくれるということ。さらに細かい粒子のため、歯ブラシが届かないような場所まで入っていってくれるというものです。

さらに殺菌剤や界面活性剤等の成分は一切使われておらず、子どもにとっても安全なものとなっています。

確かに虫歯になりやすい人、なりにくい人というのはいますよね。本当にそれが歯の磨き残しだけの話なのか、それともそういう体質の人なのかというと、体質的な面も大きいように思えます。

ブリアンを使って、善玉菌を歯に入れて、虫歯になりにくい性質に変化させるというのは、画期的な方法かもしれません。

ブリアンって本当に怪しくないの?デメリットは?

ブリアンと調べてみると、怪しいという言葉が出てきたりしますので、多くの人がこのブリアンは本当に効果があるのか?と疑っているのだと思います。

それはそうですよね。いきなりこんな善玉菌の話を出されてもよくわからないというのが当たり前です。

このBLIS菌はどうなのか?というところで調べてみると、特許出願がされている菌になるようです。

また販売者はどうなのかというところで見てみますと有名な歯医者の理事長である 齊藤欽也医師が関わって、設立した会社、ウィステリア製薬となっていまして、信頼できるものになりそうです。

決してよくわからない会社が出した怪しい商品ではなく、歯の研究者が生み出した画期的な商品として実は既に結構な販売がされているというものになっていました。

こういった歯磨き粉になりますので、信頼はできそうですが、デメリットとしては価格が高いというところがあります。

定価が7800円で、コース購入にすれば初回3919円、2回目以降は4980円になります。

買えない金額ではないと思いますが、歯磨き粉ということを考えると一般のものと比べてかなり高額だということがわかります。
どこまで歯磨き粉に力を入れるかということになってきますね。

ブリアン利用者の口コミは?

ブリアンを利用している人の口コミはどのようになっているのでしょうか?
本当に効果を感じているのか、口コミについて調べてみました。

・ブリアンを使っていましたが、残念ながら虫歯は出てきてしまいました。絶対に虫歯にならないというものではないようです。

・娘の離乳食が始まってから虫歯にならないようにブリアンを使うことにしました。今のところ、歯もきれいな状態を保っています。

・6歳の娘にブリアンを使っています。使ってから歯がきれいになりました。ちょっと味が甘すぎますが、虫歯予防に効くので使い続けています。

・歯磨きが嫌いな息子だったのですが、ブリアンを使うと進んで歯磨きをしてくれるようになりました。

・子どもが味が気に入ったので、続けています。今のところは問題ない感じです。

・子どもの虫歯が本当にひどかったので、試してみました。唾液が結構出てきて、歯磨きしやすいようです。

・虫歯の進行もひどかったですが、ブリアンを使ってから止まってきたようです。

・子ども用ではありますが、大人の私も一緒に使っています。歯がきれいになりました。

このような口コミ・評判というのが出ていることが確認できました。
効果を感じている声も多いですが、絶対に虫歯にならないというものではなく、相性によっては虫歯になるという人もいるようです。

さすがに、これはどんな歯磨き粉を使っても同じというところのようですね。どのくらい普通の歯磨き粉と比べて虫歯率が減るのか、同じ磨き方をしても違うのかというところについては、調べようがないということになってしまいます。

やはり、実際のところは子どもの相性も含めて使ってみなければわからないというものになっています。

ブリアンには今のところ公式サイトで購入すれば60日間の返金保証がついてきます。もしあまりよくないということであれば返金保証を利用するということで、気になるのであればまず実際に試してみるというのがいいのかもしれません。

非常に評価しているという声もあり、相性が合えば、最高の歯磨き粉となる可能性もあります。返金保証があるということで利用を真剣に考えてみてもいいかもしれませんね。

→ブリアンの詳細はこちら

 

adsense

adsense

-健康, 子供

執筆者:

関連記事

no image

資生堂の青汁

ファンケルやDHCと同様に資生堂も、青汁を作っています。 資生堂はサプリメント系のイメージはないので意外なところでしょうか。 資生堂の青汁は1種類のみです。 タブレットと缶タイプのドリンク「長命草(ボ …

no image

ストレスは中性脂肪を増やす

今、ストレスが全く皆無です、なんてことを言える人は ほとんどいないというくらい現代はストレス社会になっています。 ストレスも一時的なものであれば、それほど問題には ならないと思いますが、それがずっと続 …

no image

乾燥肌対策とクリーム

毎年寒くなると恒例の悩みがやってきます。 乾燥肌です。 それこそ十代の頃はほとんど気にしていませんでしたが、 二十代になった今となってはクリームが味方のシーズンです。 手にはハンドクリーム。 体にはボ …

no image

陰部に出来るあせも

あせもの原因は汗を大量にかいた時に汗が皮脂の中に たまってしまうのが原因です。 水ぶくれや炎症を起こし、激しいかゆみを伴うこともあります。 特に夏になると警戒しなければならない皮膚の病気のひとつです。 …

no image

あせもとアトピーの違いと治療法

あせもとアトピー、その違いは、簡単に書くと、 あせもは、夏に汗をかいたときに、主に乳幼児の皮膚に出来る 湿疹のようなものです。 乳幼児に多いのは、大人に比べて汗をかきやすいからです。 また、夏に限らず …

アーカイブ