健康

美容と健康の強い味方・青汁

投稿日:

今では世界中で健康志向が高まっており、日本も当然
健康に関する情報や本等が溢れ、みなさんも健康に興味があると
いう方が大半ではないでしょうか。

その中でも体になるべく害がなく、健康にも良いとされるオーガニックの製品や、
普段の食事ではなかなか補給できない部分の栄養素を
取ることができるサプリメントなどが普及しました。

今ではドラッグストアだけでなく、コンビニですらサプリメントは常備されています。
最近の健康志向の活性化によって、サプリメントなどが日本に出てきたと
いうところでしょうか。

サプリメント系の普及もものすごいですが、実はそれ以前から
ずっと日本で普及している定番の健康食品があります。
それが「青汁」です。

日本では野菜を古語で青菜と呼ぶことが由来となり「青汁」が生まれました。
中身はケールなどの緑黄色野菜を搾って作ったもので、
健康食品として飲用されています。

CMでよく流れていた「苦い、もう一杯」というフレーズのイメージが強い
青汁。我慢して飲むものというイメージが浸透しています。
罰ゲームなんてイメージもありましたよね。

あのイメージが強く出てしまっているのですが、実は最近の青汁は味が
大きく改善され、美味しく飲めるというものが多くなっています。

原材料には大麦若葉やハトムギ、小松菜が使われ、飲みやすさだけではなく
味の差別化を図ってきています。
また、期待できる結果も原材料も多様化と個性が出てきているのです。

そのため青汁は比較することが大切になります。

どれも同じに見えてしまうかもしれませんが期待できる結果が
得られないということも十分考えられる、始める際にはしっかりと比較するように
していきましょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

現代人のライフスタイルと肥満

かつて日本の食生活は米を中心とした比較的質素なものが 一般的なものとなっていました。 ところが、食生活が欧米化し、動物性たんぱく質や脂質を多くとるように なり、肥満傾向は強くなってきました。 ファース …

no image

中性子治療が新たながん治療の切り札となるか

がん細胞だけを狙い撃ちして破壊する先端技術「ホウ素中性子捕捉療法」 (BNCT)が、本格的な普及に向けて動き出したという記事を見ました。 今までも重粒子線というものを使った治療は行われていたそうですが …

no image

風邪に負けないために!

風邪が流行っていますが、この時期からにんにくを ネットに入れ台所の隅に吊るしておきます。 皮をつけたままなのでクサイにおいはありません。 にんにくに含まれる殺菌成分が、知らず知らずのうちに 部屋のウイ …

no image

部屋の乾燥を防ぐ

冬になると、エアコンをかけるので、部屋がもの凄く乾燥します。 部屋が乾燥すると、一日の大半を部屋の中で過ごす私には肌荒れの症状が出て大変です。 唇の皮が剥げてきて、ガサガサになりますし、鼻の下もガサガ …

no image

1歳の乾燥肌対策

私自身は肌の乾燥に関してのトラブルや悩みはなく、 比較的どんな化粧品やクリームを使っても大丈夫な方です。 一方主人は元々乾燥肌であり、また趣味で日焼けを 繰り返ししている事から更に乾燥に拍車をかけた状 …

アーカイブ