健康

おもしろい青汁

投稿日:

青汁についての人気はすでにいろいろと述べてきましたが
その中でも面白い青汁について紹介していきます。

・まるかんの「青汁酢」
あの有名な斎藤一人氏が創業した会社がまるかんです。
化粧品や健康食品を販売する会社になります。

まるかんの大ヒット商品には、「スリムドカン」があります。
青汁商品の進化版ともいえる商品で、
・ケース
・大麦若葉
・クロレラ
・スピルリナ
・熊笹
の5種類の野菜に
・鉄分
・カルシウム
・ウコン
・SOD
・緑茶エキス
・黒酢エキス
が配合されているものになります。
です。

青汁というよりは、サプリメント感覚で摂取できる商品です。
錠剤タイプで、目安として10から20粒を1日数回に分けて服用します。
価格は、約1ヶ月分に相当する480粒で5,250円です。

・サンスターの「健康同おいしい青汁」
ペットボトルタイプの珍しい青汁です。
ほうれん草・セロリ・ブロッコリーなどの厳選された青野菜を使用し、
リンゴをミックスした青汁でおいしく飲めるようになっています。

砂糖・食塩不使用で、
サンスター独自のフレッシュピューレ製法というものを使っており
栄養素がバランスよく摂れるようになっています。

ペットボトル化によりコンビニで手に入る野菜ジュースの感覚で
飲めるので、毎日の生活に取り入れやすいでしょう。
粉末ではないタイプというのも面白いものです。
続けられることが大切なので、続けやすい方法を選ぶようにしていきましょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

冬の暖房による乾燥

冬の乾燥と言うと、肌の渇きなど、美容系、皮膚系に 特化しがちですが、外側が乾くということは、当然、 体の中も乾燥状態になるのです。 そういう理由により、実は高齢者の水分補給は、 夏より冬を、より気を付 …

no image

ダイエットは修行です

今年で50代半ばになる主婦です。 20代はかなりの大食漢でしたが、代謝が良かったのか、 あまり太らなかったんですね。 しかし3人の子供を産み、30代後半になる頃は基礎代謝が 落ちてきたらしく、さほど食 …

no image

肥満にならないための対策

肥満にならないための対策としてはどのようなことが 考えられるのでしょうか。 以下のことを意識することによって肥満になることを 防ぐことができます。 1.1日3食食べること 1日2食にすると、その分のエ …

no image

脂肪はなくてもいいのか?

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。 そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって なくてはならない存在でもあります。 からだの脂肪組織は 1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割 …

no image

間違いだらけのダイエット方法

世の中のダイエット情報を見ると、次から次へと 新しいダイエット方法が出てきます。 最もらしく雑誌で紹介し、本が出版され、DVD等も 発売されるもの、TVでプロモーションがかかるものも 多いので惑わされ …

アーカイブ