健康

青汁とコレステロール

投稿日:

青汁とコレステロールの関係について説明します。

青汁の商品説明の中にはコレステロールにおすすめとされている
商品も多くあります。

コレステロールというのは無くなって良いものではなく、
人間が生きていく上では必要となるものです。ただし、多すぎても
良くないというものになります。
悪玉コレステロールが過剰に増えた結果、動脈硬化の要因となることが
あるのです。

肉や卵・バター等の動物性食品、飽和脂肪酸が多い加工食品が
コレステロールを高めてしまうことになります。
昔と異なり、日本人の食事も欧米化が進んでいるため、
過剰にとってしまいがちなのです。

これを防ぐためには、カテキンやポリフェノール・ゴマグリナンという
抗酸化力のあるもの、たビタミンA・C・Eを含むものを摂取する
必要があります。

青汁には野菜や果物に含まれる水溶性食物繊維、青菜に含まれたクロロフィルが
入っており、コレステロール対策の強い味方になるのです。

コレステロール値を下げる効果を期待できる青汁には、キューサイ「はちみつ青汁」、サントリー「極の青汁」、やずや「養生青汁」などがあります。
大手メーカーでも多く製造販売されているので、比較して飲みやすいものを続けてみると良いでしょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

陰部に出来るあせも

あせもの原因は汗を大量にかいた時に汗が皮脂の中に たまってしまうのが原因です。 水ぶくれや炎症を起こし、激しいかゆみを伴うこともあります。 特に夏になると警戒しなければならない皮膚の病気のひとつです。 …

no image

腰痛の治し方について

30歳ころ、カブに乗ろうとしたときギックリ腰をやってしまいました。 脂汗がたらたら流れ、しばらくその場でじっとしていました。 少し治まったのでこわごわカブを引いて勤務先まで戻りました。 この時が私のギ …

no image

ノニジュースで健康的なダイエット

女性にとって綺麗なボディラインは誰でも描いている願望です。 そのために、ダイエットに励んでいる女性も少なくありません。 ただ、体重が落ちただけで、ぎすぎすした身体になってしまっては 意味がありません。 …

no image

お正月でたるんだお腹は、冬の間に戻すことをオススメします。

年末からお正月にかけて、動きたくないが食べたくなる悪循環な時期。 しかし、必ず1年に1回はやってくる時期。 食べ物が、美味しい時期。 そんな時に気になるのが、いっぱい食べて、休みを満喫した後のお腹回り …

no image

ミオドレダイエットの本は売れている?

本屋に行ってダイエット系のところを見ると いつものようにダイエット本は溢れていますが、 ミオドレダイエットの本が平積みになって 置いてあるのを見かけました。 確か発売したのはもう1年以上も前のような。 …

アーカイブ