健康

青汁のデメリット

投稿日:

青汁というと健康に良いというイメージしかなく
体への悪影響・デメリットはないと考える人も多いと思います。

しかし、いくら青汁とはいえど、飲みすぎると問題が
起こる可能性があります。

例えば下痢です。青汁を飲んだからといって下痢になると
いうわけではなく、飲む量で問題が出てくるということです。
過剰に摂取すると体が冷えて下痢をすることがあるということです。

では適切な量はどれくらいかというと、1日に大体コップ2杯くらいまで
と言われています。

たくさん飲めばそれだけ体調がよくなるというものではありません。
推奨されている量をきちんと確認して、自分が飲む量を調節する必要が
あります。飲みすぎ等の場合は減らすようにしていきましょう。

また、下痢ではなく逆に便秘になってしまうということもあります。
通常、野菜の成分なので、便秘になるということはなく、むしろ
お通じという点ではよくなるはずです。

消化は改善されているので、その分便がたまっていてということも
考えられます。その場合一日に飲む量を少し増やして様子を見てみましょう。

青汁自体には何か問題がある成分があるわけではありませんが、
飲む量に関してはほどほどにしておくのがベストです。
青汁だけでなく、あらゆる飲食物は飲みすぎ・食べ過ぎはNGなのです。

青汁の場合、商品によって成分が異なりますので、期待する効果に
よって選ぶことが大切です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

顔の乾燥原因

冬場に限らず、夏場も顔が乾燥して悩んでいる方は 結構多いと思いますが、そもそも顔が乾燥する原因は何なのでしょうか。 乾燥の原因としてよく取り上げられるのが間違ったスキンケアです。 肌に合わない洗顔フォ …

no image

脂肪は1gあたり9キロカロリー

脂肪とカロリー数の関係。これはよくわからない部分が 多いのではないでしょうか。 栄養素の持つエネルギーでいうと たんぱく質や炭水化物のもつエネルギー量は1gあたり 4キロカロリーになります。 そして脂 …

no image

緑茶の健康効果

緑茶に多く含まれているカテキンは 健康効果が注目されています。 それは、緑茶に多く含まれているカテキンという成分が、 抗インフルエンザ作用や、 風邪予防にとても効果があるからです。 緑茶を飲み続けるだ …

no image

空腹時の有酸素運動は効果が高い

ダイエットをして痩せたいということで 一生懸命運動をしている人もいるかと 思いますが、有酸素運動で痩せやすい時間帯と 痩せにくい時間帯があることを知っていますか? 脂肪の燃焼効率がそのときによって違っ …

no image

ダイエットは修行です

今年で50代半ばになる主婦です。 20代はかなりの大食漢でしたが、代謝が良かったのか、 あまり太らなかったんですね。 しかし3人の子供を産み、30代後半になる頃は基礎代謝が 落ちてきたらしく、さほど食 …

アーカイブ