観光

ベトナムのお寺観光 ティエンムー寺・隆山寺・覚林寺

投稿日:

ベトナムには数多くのお寺の観光スポットがありますので
いくつかを紹介します。

◆ティエンムー寺
フエにある「ティエンムー寺」は、ベトナム語で「天女の寺」という意味で、天女のお告げによって1601年にできた禅寺として知られています。
多くのベトナム観光客も訪れる地で、フエのシンボル的存在となっています。
フォン川沿いに建っていて、八角形の七層塔が特徴的です。
煉瓦作りになっていて塔は特に中国の影響を色濃く受けている気がします。
ティエンムー寺の屋根の四方が跳ね上がるようにして反り返っていて、屋根の上に飾られた龍や鳳凰が美しくベトナム観光客の目を引いています。
寺の中は落ち着いた色彩で日本の禅寺を思い出させるもので、庭の色調も静かな感じがします。
中には古い車が展示されています。
これはベトナム戦争に抗議するため焼身自殺した僧侶がこの寺院からサイゴンまで乗っていったものだそうです。
ベトナムではこのようにベトナム戦争中の暗い影をいたるところで見てとることができます。
入場料はいりません。
お寺の目の前に船着き場があります。
ドラゴンボートに乗る現地の格安ツアーなどもあるようです。
現在は市民の憩い場ともなっているので、ベトナム観光客と多くの市民でにぎわっています。
庭がきれいに整備されていて、盆栽などもあります。
お寺から眺める川の眺望も素敵です。
門の横には立派な像も立っています。
ティエンムー寺は塔が有名なのですが、それ以外にも見どころがいろいろとあります。
仏道や像などが文化の違いを感じさせます。
市内から比較的近くて行きやすい観光スポットです。

◆隆山寺
ベトナム中部のニャチャンにある代表的なベトナム観光スポットが「隆山寺」(ロンソン寺)です。
広大な敷地を持つ仏教寺院で、敷地内にはお土産屋さんやレストランなどもあって多くのベトナム観光客が訪れています。
隆山寺は1889年に建立された歴史ある寺院です。
緑あふれる石段を上る道中の景色は絶景です。
頂上へ行くと、巨大な仏像がそびえています。
アーチ状になっている正門をくぐると、すぐ左手にレストランがあり、右手にお土産屋さんが並んでいます。
お土産屋さんには参拝に使うろうそくや線香、数珠や黄金の仏像なども売っています。
参拝をする現地の人が買い物をしていて、ベトナム観光客向けのものはあまり売っていません。
お土産など旅行客向けのものは露店に並んでいます。
隆山寺には二体の大きな大仏が安置されています。
ひたすらに石段を上って大仏を見に行かなければいけません。
疲れたら立ち止まり後ろを振り返ると、ニャチャンの町並みを見ることができます。
最初に見えてくる大仏は寝仏で「涅槃仏」と言います。
寝そべっている大仏で、見応えがあります。
大仏の足の裏には文様があり、宇宙観を表しています。
次に「鐘楼」が見えてきます。
そこからさらに石段を上っていくと頂上に真っ白い大仏が見えてきます。
とても大きくて雄大、神々しい大仏です。
大仏は裏手から内部へ入ることができます。
ニャチャンには海水浴を楽しみにくるベトナム観光客も多くいますが、ぜひ一緒に隆山寺を訪れて仏教遺産に触れてほしいと思います。
これこそがベトナム観光の醍醐味だと思います。

◆霊福寺
ダラット方面に行って寺院が見たいというベトナム観光客の人におすすめなのが「霊福寺」(リンフオック寺)です。
チャイマット村にある派手な寺院です。
巨大な像があって、内部の壁画が見ものです。
外国からやってきたベトナム観光客がたくさん訪れる寺院です。
モザイク造りで、ビール瓶を割ったかけらや陶器のかけらを1枚ずつ貼って装飾をしています。
敷地内にある大きな龍もビール瓶1000本分を使って作ってあります。
同じモザイク造りの塔もあり、塔を上っていくと上から町を見渡すことができます。
チャイマット村へ列車で行くと、たった30分しか滞在できません。
列車の滞在時間が30分しかないため、霊福寺へ行く人、列車で過ごす人、町のカフェでゆっくりとする人などそれぞれです。
小さな町なので町で過ごすには十分な時間です。
ただし霊福寺へ行く人は町で過ごす時間はなくなります。
町には小さな商店や市場や露店が並んでいます。
この霊福寺は駅から徒歩3分のところにあります。
ベトナム屈指の派手な寺院なので一見の価値があります。
列車を降りたら直進して、緩やかな坂を進みます。
しばらくすると右へと曲がる道があるので、右へ進んでいくと派手な鳥居のような門が見えてきます。
小さな村には似つかわしくないド派手な造りが印象的な寺院です。
見た目にも内部にもすべて技巧をこらした彫刻や装飾が施されていて見ていて飽きません。
寺院の中では正座してお祈りをしている参拝者の姿を見ることができます。
観光客が訪れることのできる唯一のお寺です。

◆覚林寺
ホーチミン最古のお寺が「覚林寺」(ヤックラム寺)です。
ベトナムの熱心な仏教徒が連日参拝に来ています。
境内は公園にもなっているので、ベトナム観光にきた旅行客たちも訪れています。
このお寺の住職は中国に仏教を普及させた人々の末裔であると言われています。
最古のお寺を拝み、現地の仏教文化について触れることのできるベトナム観光スポットです。
ホーチミンの雑多な大通りから1本中に入ったところにある、六角七重のパコダが目印です。
お寺は上にまで上ることができます。
各階の中央にそれぞれ仏様が鎮座しています。
柱には古いベトナムの文字が描かれています。
最上階に上るとホーチミンの街並みを見渡すことができます。
中心部の高層ビルや、通りを行きかう無数のバイク、ホーチミンの街の様子がよくわかります。
覚林寺は歴史あるお寺なので、敷地が広いです。
塔から奥へ100メートルほど進むとお寺の本堂があります。
本堂は1744年に建てられたもので屋根瓦を使っています。
ベトナムスタイルのお寺です。
本堂の内部には古い仏像がたくさん並んでいます。
手が18本伸びている観音像があって、本堂の両脇に黄金色の彫像があり、中央に本尊の仏像があります。
このお寺には200年前に作られたという貴重な銅と木材でできた仏像があるそうです。
本堂の正面に参拝スペースがあって、裏手には食堂があります。
覚林寺の塔の屋根の装飾と庭にある小さな塔が青と白の磁気プレートからできていて見どころとなっています。
古代の家具や彫像はベトナム観光客たちから特に注目を集めているものです。
ホーチミンのチョロン地区へベトナム観光で行く予定のある人は、ぜひ足をのばしてみてください。
覚林寺は市の中心部からタクシーで20分ほどして到着します。
開館時間は6:00から21:00までとなっていて、12:00から14:00の間は閉鎖されています。
無料で拝観することができます。

adsense

adsense

-観光

執筆者:

関連記事

no image

ポルトガル旅行とファティマの奇跡

ポルトガルに旅行に行った時、丁度ファティマの奇跡の日の10月13日に 合わせて行くことにしました。ファティマの奇跡は世界の「奇跡」として、 登録されている奇跡の一つで、約110年前にファティマの木の上 …

no image

日本で1・2を争う温泉天国、大分県

温泉自慢の自治体は、北海道、群馬県、長野県、鹿児島県、青森県…と多くありますが、 その中でも私がイチオシなのが大分県です。 源泉数・湧出量が日本一、別府・湯布院・くじゅう温泉郷と著名な 温泉地が多々有 …

no image

ジェットコースターが苦手な人でも楽しめるスター・ツアーズ

ジェットコースター系のアトラクションが苦手と いう人もいらっしゃるはずです。 高いところが怖い、何かあったらと考えると足が向かない、 そのような理由でジェットコースター系のアトラクションを 避けておら …

no image

ベトナムの通貨とは

ベトナムの通貨は何であるか知っていますか? もちろん旅行等を目前に控えた方は知っていると思いますが、 普通はあまり知らなかったりするのではないでしょうか。 ベトナム基本情報は「通貨」についてです。 ベ …

no image

春と初夏がおすすめの箱根

国内のみならず、海外からも観光客が足を運ぶ箱根ですが、 四季を通じて楽しむことが出来るおすすめスポットです。 春は桜、初夏はつつじにアジサイ、夏は花火、秋は紅葉にすすき、 冬は温泉といつ行っても我々を …

カテゴリ

アーカイブ