搭乗口に乗る人乗らない人混在はどうかな?搭乗口見送りについて

空港の見送りが搭乗口までOKに
なるということがニュースで発表されました。
まだ検討段階ということですが、
この件についての反応を集めました。

hos***** | 6時間前
搭乗口付近が騒々しくなる。
絶対反対。
3
0
返信0
☆ | 6時間前
地上職員です。これほんとに困る!!
ただでさえ検査場の混雑でごった返してるのに、乗らない人まで入れると?!
芸能人やスポーツ選手の追っかけなどで搭乗口前の椅子が占拠されたりしたら飛行機に乗る人が困るだろうなぁ…。搭乗口前の椅子なんて数に限りがあるのに。 保安上本当に大丈夫なんだろうか?混雑に関わらず、やるべきでないと思う。
6
0
返信0
tor***** | 6時間前
昔の連絡船のようにテープでいいのではないかい!
1
0
返信0
u***** | 6時間前
バカだなあ。。。
4
0
返信0
郷田真隆NHK杯選手権者 | 6時間前
マヂ賛成。ウチけっこう別れ際とか泣くからギリギリまで見送ってもらいたいし。そういう女子力みたいなもの持ち合わせてるし。女の子ってそういうもんだよ?
0
10
返信0
sya***** | 6時間前
見送り専用デッキを作る方が良いよ。これ以上検査場周辺が混雑したら搭乗者はたまらなく困りますよ。どうしてもするつもりなら入場券を購入させるとかは最低限必要だと考えます。何でも規制緩和してはダメ!
4
0
返信0
ジャックラッセル | 6時間前
意味わからん。
そうでなくても保安検査所混んでるのに…
検査のコストは利用者負担として帰ってくる。
ほとんどの利用者にとって迷惑。
4
0
返信0
yahoo_jiro | 6時間前
ただでさえ保安検査場が混雑しているのに、まったく現実を見ていない役人が考えそうなことだ。それに制限区域は限られた人間のみが入れるから意味を為すのであって、搭乗券も持たない一般客がむやみに出入りしていいことなんて、これっぽっちも思いつかない。どうやって制限区域内に入った人間の管理をするんだ?それが「比較的容易」とするなら、どのように「比較的容易」なのか、説明がほしい。国内線だけだから、というのは通らぬ理屈だぞ。
3
0
返信0
new***** | 6時間前
使う側としては不安。羽田とか都会は対象外だと思うけど、それでも搭乗口に乗る人乗らない人混在はどうかな。
胸にシールでも貼るのか?
2
0
返信0
mee***** | 6時間前
こんな有事寸前の、むしろ制限しなけれないけないタイミングで逆にセキュリティーを緩くするとか平和ボケ以外の何物でもないな
3
0
匿 | 6時間前
色々な事が解決できるなら、嬉しい事だ。
忙しい仕事の合間をぬってせっかく来てくれた姑を帰りに空港までお見送りしても、早い時間からバイバイしなきゃいけないし、子供も寂しそう。
おばあちゃんの乗ってる飛行機だよ!!って飛行機見せてても、搭乗時間と出発時間以外は子供も間が持たないし。
中まで入れたら、もっと沢山おばあちゃんとも時間取れて子供もおばあちゃんも嬉しい。
お見送りの人の検査もってなったら手間は倍じゃすまないだろうけど、人の少ない日だけとかでも、やってほしいです。
0
8
返信0
kaw***** | 6時間前
このご時世に緩和をする意味がわからない。
国内線なら安全という発想も謎。
3
0
返信0
m05***** | 6時間前
この改正は不要だと思うが、実施となる場合は、搭乗客専用レーンと混合レーンを用意してほしい。前者8~9割、後者1~2割くらいで。搭乗客が保安検査の混雑を見越してこれまでより早く空港入りしないといけなくなるのは本末転倒だと思うので。
1
0
返信0
taq***** | 6時間前
お役所は他所に迷惑かけることしか考えないのか
3
0
返信0
ken***** | 6時間前
目的はただ一つ、金儲け
2
0
返信0
qsk***** | 6時間前
国内線の検査場を広くしないと無理がある、人も、増やさないとテロが起きる可能性大。
いい案だけどダーティエリアがふえるだけ。
1
0
返信0
eri***** | 6時間前
いやいやいやいやいやいや
これは不要でしょ!
ただでさえ混む保安検査場をこれ以上どうするつもり??
もちろんお見送りの人も保安検査を受けるんですよね?
考えただけでもいやだ…
国交省は何考えているの?!
4
0
返信0
pet***** | 6時間前
余計な事するなよ。
今のままで何の問題も無い。
3
0
返信0
sup***** | 6時間前
どさまぎで…乗っちゃうよねw更にあんな人溜まりの狭いとこでリア充ドラマ演出なんかされたらたまったもんじゃないのでは?
2
0
返信0
素浪人 | 6時間前
混むからやめてくれ。
2
0

ヒアロディープパッチの口コミや効果を探る!本当に浸透するのか

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク