雑記

クレジットカードの利点と落とし穴

投稿日:

PC!S
大人であれば誰でも一人一枚くらいはクレジットカードを持っていると思います。
クレジットのカードなんて、誰が考えたのか便利な時代になりました。

ご老人の方々に話を聞くと「月賦の事か?」などと言う人がいます。
そうです。昔は手元にゆとりがない場合は借金をして買い揃えるか、
質屋に行って何かと引き換えに現金を用立ててもらったり、
きちんと証書を書いて、品物を均等分割払いのように月々支払って買ったものです。

今は、そのすべてをクレジットカードで行うことができるので、
これは本当に便利な仕組みだと思います。

でも、クレジットカードにはさまざまな落とし穴があります。
その一つがお金の動きが見えにくいということです。
お財布からダイレクトにお金をだして、買い物をすればお金が減っていくという
仕組みではなく、カードで決済をして後から引き落としになり、請求書が届いたとき、
「しまった!使いすぎた!」と思ったら、後リボなどと言って、
後からでも支払方法をリボ払いに変更して支払い金額を調整することができるのです。

こんな方法で私たちは簡単に負債を抱えてしまう危険性と
隣り合わせにいますす。これが現代の便利な仕組みであり、
危険な仕組みでもあるのです。
買い物をしたその対価を、すべて支払っていないのに品物は自分の物に
している。これは便利な事と笑って片付けるべきことではありません。
これは負債を抱えたという意味なのです。

ですから、クレジットカードでショッピングをするなら極力1回払い
もしくは手数料のかからない支払方法を選択するべきですし、
どうしても支払うことが難しくてリボ払いや分割払いを利用しなければ
いけないときには、自分は負債を持っているという意識を忘れてはいけません。

負債を払い終えるまでは、次の買い物をしない意識や、残高が
いくらあるのかを気にする意識をもつならば、主婦なのに
リボ払いの残高100万円以上などという悲惨な結果を避けられるのです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

自費出版と共同出版

売れない作家や小説家が自分の小説やエッセイ、 詩などの作品を本にして、自費出版することが間々あります。 自費出版とは、執筆や編集、印刷、販売などの全てのプロセスに おける費用を自分で負担し、且つ発行者 …

no image

玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

正月3日に、NHKが舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」をオンエアします。 これは2012年に赤坂のACTシアターで上演された舞台の録画放送です。 この作品は有吉佐和子が文学座の杉村春子(いずれも故人) …

no image

職場で下の名前で呼ぶのはNG?

職場で位性を下の名前で呼ぶのはどうなのか?に ついてコラムとして上がっています。 参考) 異性社員を下の名前で呼ぶのはセクハラ? 職場の潤滑油?〈AERA〉 http://zasshi.news.ya …

no image

格安航空券の見つけ方と注意点

海外へ旅行に出かけるとき、なるべく安い航空券を購入したいと 思うことでしょう。そのためには航空券がどのような方法で 購入できるか知る必要があります。 その上で比較検討することで安くてリーズナブルな 航 …

no image

バイクのススメ

自動二輪の免許をとることをおすすめします。 バイクには、とっても得するメリットがたくさんあるのでご紹介します。 まず、春から夏、秋にかけて最高に気持ちいいことが一番です。 これは、バイクに乗ったことの …

アーカイブ