雑記

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

投稿日:

memo1228
生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。
当然数多くの傑作があります。

専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。
ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「ポロネーズ」「協奏曲1番」など、
これこそ最高傑作とされる作品は、いくつもあります。

たとえば、昨年亡くなった吉田秀和氏は、最高傑作ということではありませんが、
「ショパンはこれ」という論調で「マズルカ集」を挙げていました。

オーストリア、ドイツを中心に展開してきたクラシックに、
初めて東の民族音楽を持ち込み成功したという、音楽史的な視点に
よるもののようです。

さた、「前奏曲」。ピアノの詩人の面目躍如といえる曲集で、
一つ一つ丁寧にいとおしむように、詩人が編み上げた「詩集」にほかなりません。

当然、ピアニストのレパートリーの最重要の作品の一つで、
多くのCDが出ており、名盤とされるものも少なくありません。

伝説のピアニスト、コルトーに始まり、現役ではポリーニ、アシュケナージ、
アルゲリッチの「三傑」。それぞれが名盤です。

ほかにも、フランソワ、カツァリスという二人のフランス人が
素晴らしい録音を残しています。この曲集がフランス人の感性に
合うのかもしれません。

中で、ぜひ一聴をおすすめしたいのが、キーシン。
かつて神童と称賛された彼ももう「不惑」を超えて、すでに
確固たる地位を築いています。「前奏曲」のCDは1999年の録音。
28歳の時のものです。

たとえば8番。ガラスの粉が噴水のように吹き上がり舞い落ちるような
タッチの鮮やかさ。10番や12番のエキセントリックな魅力。

一転して13番は春の午睡の夢のような甘美な世界を、
これ以上ないやさしさで歌っています。

15番「雨だれ」。これほど感情の起伏の激しいこの曲の演奏は、
めずらしいのではないでしょうか。

この起伏の激しさは、実は全曲にわたって共通しており、
それがこのCDの特徴となっています。

ほとんどジェットコースター。そこに、ガラス神経と鋼の指で
演奏しているような彼のエキセントリックな個性が加わって、
これはまさしく「極北」に位置する名盤だと思います。

作曲家本人は、もしかするとこんな感じで演奏したのかもしれない。
そんな想像もさせます。好悪の評価のはっきり分かれる演奏でもあるでしょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリスマスケーキは冬至の風習

クリスマスの時に クリスマスケーキをは食べますが これは何の言われから来ているのだろうかと 考えた事はありますか。 クリスマスとケーキはいつもセットだったから 考えた事もないというのが、大半の方の意見 …

オイシックスの献立キットが気になります

今話題になっているオイシックス。 主菜・副菜がたったの20分で完成するという 献立キットが発売しているのを見つけました。 食品の宅配、食材の宅配というのは よくあるところではありますが、 野菜やお肉も …

no image

甲殻類・エビも痛みを感じる可能性あり

エビやカニなどの甲殻類。 私たちは調理するときに、普通に生きたままの仕入れてきて それをさばく、茹でる等を行っていますが、実は痛みを 感じている可能性があるなんてことが発表されたようです。 ・・・・・ …

no image

サブブログとしてブログスタートです。

サブブログとして当ブログを新たにスタートすることに しました。 というのも、メインで書いていたブログが突然 グーグルの変動によって急激にアクセスが なくなってしまったからです(ノДT) そのまま待って …

no image

自分は本当に忙しいのか?

・忙しくて時間を作ることができない ・勉強したいけど時間がない このような発言をしているような人達は 本当に多いです。 でも、いつまでも仕事が忙しいからと言っていては 何も始まりません。 これは自分自 …

アーカイブ