雑記

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

投稿日:

memo1228
生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。
当然数多くの傑作があります。

専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。
ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「ポロネーズ」「協奏曲1番」など、
これこそ最高傑作とされる作品は、いくつもあります。

たとえば、昨年亡くなった吉田秀和氏は、最高傑作ということではありませんが、
「ショパンはこれ」という論調で「マズルカ集」を挙げていました。

オーストリア、ドイツを中心に展開してきたクラシックに、
初めて東の民族音楽を持ち込み成功したという、音楽史的な視点に
よるもののようです。

さた、「前奏曲」。ピアノの詩人の面目躍如といえる曲集で、
一つ一つ丁寧にいとおしむように、詩人が編み上げた「詩集」にほかなりません。

当然、ピアニストのレパートリーの最重要の作品の一つで、
多くのCDが出ており、名盤とされるものも少なくありません。

伝説のピアニスト、コルトーに始まり、現役ではポリーニ、アシュケナージ、
アルゲリッチの「三傑」。それぞれが名盤です。

ほかにも、フランソワ、カツァリスという二人のフランス人が
素晴らしい録音を残しています。この曲集がフランス人の感性に
合うのかもしれません。

中で、ぜひ一聴をおすすめしたいのが、キーシン。
かつて神童と称賛された彼ももう「不惑」を超えて、すでに
確固たる地位を築いています。「前奏曲」のCDは1999年の録音。
28歳の時のものです。

たとえば8番。ガラスの粉が噴水のように吹き上がり舞い落ちるような
タッチの鮮やかさ。10番や12番のエキセントリックな魅力。

一転して13番は春の午睡の夢のような甘美な世界を、
これ以上ないやさしさで歌っています。

15番「雨だれ」。これほど感情の起伏の激しいこの曲の演奏は、
めずらしいのではないでしょうか。

この起伏の激しさは、実は全曲にわたって共通しており、
それがこのCDの特徴となっています。

ほとんどジェットコースター。そこに、ガラス神経と鋼の指で
演奏しているような彼のエキセントリックな個性が加わって、
これはまさしく「極北」に位置する名盤だと思います。

作曲家本人は、もしかするとこんな感じで演奏したのかもしれない。
そんな想像もさせます。好悪の評価のはっきり分かれる演奏でもあるでしょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

住所の順番、日付の順番

欧米社会と日本社会は様々な点でちがいがあります。その中のひとつに 住所や日付の語順があります。例えば日本での住所表示は東京都港区赤坂3-1 という具合ですが、パリでは35avenue Montaign …

no image

メッセンジャー対スカイプの決着

windowsメッセンジャーですが、「2013年第1四半期に 提供を完全に終了する」ということが 発表されましたね。 栄枯盛衰といいますか、ついにメッセンジャーも 終わりの時代がきたということです。 …

no image

Windows8発売と一般層の影響

Windows8が発売しましたね・・。 と詳しい記事を期待して見た方はごめんなさい。 正直、今回のOSについてよくわかっていません。 タブレット想定ということは分かっていたり デスクトップ画面が変わっ …

no image

三島由紀夫が愛した女形たち

作家の三島由紀夫は、生涯で何人かの女形役者をひいきにし、 愛してもいました。昨年の紅白歌合戦に喜寿にして初出場と なった美輪明宏もその一人です。 美輪の生い立ちは割愛しますが、戦後、長崎から東京へ出て …

no image

夫婦で見る韓国ドラマ

ドラマや映画を見ながら外国語を学ぶという手法は、よく聞く話です。 コタツで寝そべり、テレビを見ながら字幕を見ているとなんとなく、 この発音はこの意味かと理解できたりします。 我が家でよく見る韓国ドラマ …

アーカイブ