雑記

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

投稿日:

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。

あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の
『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば
漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づくかもしれません。

酒と旅は古来より、日本の詩人の一つの系譜ですが、彼はその典型と
いっていいでしょう。越後に生まれ、のち信州の伊那をベースにした
放浪生活に入りました。

放浪といっても全国各地を漂泊するというのではなく、
ほぼきまったエリア内をうろつきまわっていた、といったほうが適切です。

家も持たず家族も持たず、着た切り雀で、無一文。それを、伊那の人は
いやな顔をしないで受け入れて、酒を勧め食事を勧め、彼を「発句の師」と
仰いだ人もいたといいます。これは、現代からみると信じがたい話です。

土地柄ということもあったでしょうし、人心穏やかな古き良き
時代だったともいえるのでしょう。

とにかく酒好き。口癖の「千両千両」を唱えながら、杯を重ねる。
泥酔して、粗相をしてしまうことさえあったといいます。

それでも、村の人は彼を愛した。それを考えると、彼は大変な「徳」を
備えた人物だったというほかありません。
memo1228
酒のためでしょう。道端で行き倒れになっているところを、村人が見つけ、
手当看病をしましたが、そのかいなく2月後に亡くなりました。幸せな一生、
幸せな最期といっていいでしょう。

芥川龍之介は彼の俳句を称賛しています。「古俳句の大道」に生きた人、
と評しています。芥川は自身もすぐれた句を残した俳人でしたから、
その本質を見極めていたのです。

その作風がよくわかる句に、「春風やどの児の顔も墨だらけ」
「子供にはまたげぬ川や飛ぶ蛍」「春を待つ娘心や手鞠唄」
「水打って小鉢ならべて夕心」などがあります。

彼の優しいまなざしが偲ばれる句ばかりです。その生活ぶりには似合わない、
どこか女性的な繊細さ、さらには母性のような感性をも感じさせます。

この人間味があったからこそ、幸せな生涯を送ることができたのでしょう。
もっと評価されていい、生一本の俳人です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

静かな真空管ブーム

最近、オーディオに興味を持った若い人達の間で 真空管アンプが静かなブームだと言われています。 最近のブームの特徴は、パソコンなどに接続するUSBアンプに 真空管を使った製品などが出ていており、 新しい …

no image

自然素材を使ったリフォームで、憧れの自然素材の住居を手に入れる

近年、健康志向の人々などの間で、自然素材で造られた住宅に 住みたいという人も増えてきています。 自然素材の住宅に住むというと、まず思い浮かぶのが木で 出来た家を建てることで、多くの場合はそういう形で自 …

no image

スタディプラスで楽しく勉強を続ける

スタディプラスというサイトをご存知でしょうか。 会員数が3万人も突破した、SNSです。 そのコンセプトは、驚くことに「勉強」なんです。 受験生だけでなく、学生や社会人まで勉強に励む人は 多いのではない …

no image

「当日最大料金」と「24時間最大料金」の違い

街中にあるコインパーキングなどの時間貸し駐車場の多くは、 駐車料金に最大料金制をとっています。 最大料金とは、その金額以上は課金されない料金のことです。 例えば、10分100円・最大料金2,000円の …

no image

ネット通販での買い物で賢く便利に生活

私は、ネットで買い物を良くしています。 代表的な理由としては、実店舗より安くてポイントが付与される、 平日の夜などでもPCに向かう時間が取れれば買い物が簡単に出来る、 他の商品や店舗と価格や対応などを …

アーカイブ