ビジネス

かっぱ寿司が赤字へ そんなにおいしくないの?社長も交代

投稿日:2017/02/28 更新日:

かっぽ寿司が3月決算で赤字に
転落する見通しということで
社長が交代するという
ニュースで出ています。

ブランド転換を行うとしているのは
話題になっていましたが、
上手く機能していないのが
実態のようですね。

他のこういった格安の回転寿司は
人気なのに、なんでかっぱ寿司だけが
こんなにダメージを受けているのでしょうか?

味がおいしくないのか?
実は、私自身近所にかっぱ寿司がなくなって
しまい、もう検証しようがなくなってしまいました。

結構閉店で都心から無くなってしまいましたね。

ネット上の反応は?

かっぱ寿司のニュースについての
ネット上の反応を見てみました。
かっぱ寿司が家の近くにない

WBSなどに出演していたけど覇気がないと思った。最近コロワイドのボスの言葉の内容が話題になっているが、私はああいう体育会系は嫌いじゃない。ただし無能な体育会系ではだめだ。オーラを持つ強い人材、なおかつ原因と対策をすばやく判断できる適応力ある人間をトップや幹部にすえなくてはいけない。

あの皿を積み上げたイメージのロゴを見た瞬間、ダメだとおもったが、
ニュースで見た社長は自信満々だったな。100円寿司にそこまでの上手さ求めているのみんな。スシローもくら寿司も味はそこそこ。
話題性とか、エンタメ性でしょ。もういっそのこと職人にカッパのキグルミ着させて握らせろよ。そのほうが話題性がある。怖いけど。

少なくとも会長さんが居る限り、系列のお店には一切行かない。
それ以前に「かっぱ寿司」の品質じゃ、絶対ライバルに勝てないけどね。

本当に駄目な出来の悪かった社長だった。
どれだけ数字をへこませたか。

お客満足度が低いってことですね。採算利益バランスの問題なのか調理技術的なものかわからないけど、また行きたいって思うようなものじゃないと厳しいのかもね。

回ってる寿司はパッサパサ、注文して作ってもらえばシャーベット、
どの寿司もコストカット頑張ってますみたいな安っぽいものばかり…
値段相応のクオリティということで仕方ないんだろうと思ってたけど、
他の回転寿司チェーンに行ってみたらかっぱ寿司より安くて
食べ物のクオリティも圧倒的に上だった。
正直もうかっぱ寿司に行くのはやめようと思った。

食べカスだらけのおぼんで料理運んでくるわ、子供用おわんやフォーク類は前の人の食べカス付き。
衛生面最悪で、お店の責任者に聞いたら自分の家族は絶対連れてこないって言われたw
それ以来絶対行かないと決めました。
営業許可おりてること自体不思議w

客が行きたくなるような工夫や目玉商品がまったくない。店頭売りのチェーン店のほうが内容的にまだマシ。

現場を指揮している部長クラスも変えるべき。自分を守る為に部下を犠牲にするような、上司じゃ誰も着いていかないし、言う事も聞かない。
だから何も変わらない!

かっぱ寿司は大型店しかほぼない印象。そして場所が悪い。
味はそこそこなんだから、
駅前等に小型でも出店すれば、それなりに人が入ると思う。

お茶だけはよその回転寿司より数段おいしい。

100円寿司は既に限界を迎えつつある。
くら寿司は寿司よりもサイドメニューの拡充で活路を見出そうとしてる。
かっぱ寿司はその意味ではあまりにも無策すぎた。
客にもはっきりとわかるくらい質と量を落として失望させた。

何らかのブレイクスルーがないとこの会社は潰れる。少なくともコロワイドは見捨てる。

ここでいいと思うのは、新幹線とガリくらいかな。

昔住んでたとこは河童しかなくて待ち時間長かったけど今では競合も多くなり駐車場もガラガラですね

かっぱの強制労働も限界ということか・・・。(^^;

寿司も小さいし美味しくない。
客も離れるよね。

他コメント

・・・・・・

こういったコメントが出ていました。
やっぱりおいしくないというようなものも
多いですが、本当にそれが要因なのかと
いうところもありますよね。

ブランドを変えようとしているのも
よくわかりませんし、何か迷走しているようにも
みえます。

今後どう変わっていくかに生き残りが
かかってきますね。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

目標・手がかり・計画・実行

冬といえば、受験の季節でもあります。 高校入試から大学入試試験まで試験ラッシュですね。 この冬まさに受験に臨まれる方々はどのように過ごしておられるでしょうか。 試験日ギリギリまで気合を入れて詰め込みま …

no image

自己啓発と時間の価値

世の中には「投資」という言葉があります。 今持っている貴重なお金等の資源を投入する代わりに 将来、その投資したものを上回るリターンを得るというものです。 ここには時間の価値というものが存在していて、 …

キリンビールのキリンフリーが売れていない

キリンのビールが売れなくなった本当の 理由なんて記事が出ていました。 キリンビールのキリンフリーといえば かつて話題となったノンアルコールビール。 当時はまだ他にライバル製品も出そろって いなかったの …

no image

コピーライティングの情報商材に気持ち悪さを感じる

最近、コピーライティングの情報商材が 発売されています。 著者はコピーライティングで情報商材を 10億円以上売っているとか・・。 情報商材といっても色々な種類があるのですが、 この場合「稼ぐ系」の情報 …

youtuberで生きていくことってできるの?

youtuberが子どもの中で人気の 職業になっているという話は 少し前から出てきていますよね。 確かに私としても以前よりも youtubeを見る機会は 増えてきたと思います。 (youtuberの番 …

アーカイブ